2017年04月03日

「アリスと蔵六」#1

 関西春アニメはこちらからスタート。渋いな。



 われらが「コミック リュウ」発アニメ化作品第二弾となったのがこちら。実にまさかの展開。「モンスター娘」が第一弾だったのは納得できたんですが(見なかったけど)、次はまず間違いなく「セントール」か「ヒトミ先生」の人外系路線をひた走ると思っていたので。これ、玄人受けする作品ではありますけど、アニメ化してヒットするかといえばとてもそうとは言えない。

 なにしろご覧のとおりゴリゴリの個性的な画風で、動画として動かすのはひと苦労のはず。だいぶん個性をそぎ落していますが、結果としてやや魅力が減じているのは実に残念。まあ、もと絵のままでは動かすのはほぼ不可能だからなあ。とにかく動かすだけでやっとで、ところどころヒョコヒョコした軽い絵になってしまっていたのが実に残念でした。中華料理屋で蔵六がビールを注ぐシーンとか。あれじゃ絵コンテを中割しただけでしょ。ほとんど奥行といえるものがない。

 そして、派手なアクションを駆使しているのはいいけど、結果として安いCGが浮き上がってしまっている。自動車が紙細工みたいに重さがなくなってるし、作画場面との整合性も低い。

 蔵六の大塚明夫は、ちょっと若すぎるなあ。あれじゃ五十代ぐらい。父・周夫だと実に渋いジジイをやってくれたろうになあ、と残念な気分。まあ、でもジジイ役でならした大御所のみなさんは、ほとんどが鬼籍に入られてしまっているので、結果として明夫氏ぐらいしかいないのか。特に、明るいご隠居さんじゃなくて、ムスッとした頑固オヤジでないといかんわけですから、銀河万丈、麦人あたりではちょっとトーンが変わってしまう。それぞれいい大御所ではありますが。

 特にこの作品では、日本語の通じないガキんちょたちをつるし上げて一喝しなきゃいけませんので、あえて蔵六を若くするのもひとつの手かもしれない。確かに大塚さんにアイアンクローかまされたら、大抵の悪ガキは泣き出してしまうでしょう(^^;

 子供たちの超能力バトルはありふれていますが、そこに頑固ジジイを放り込んで攪乱してみせたのが本作品の独自の味わい。若干作画面と製作費のクオリティには不安が残りますが、明夫クオリティでなんとか乗り切ってくれるんじゃないかというのが第一話をみたとりあえずの感想。ひとまず視聴は確定。期待してます!
posted by てんちょ at 23:48| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

「小林さん家のメイドラゴン」#12

 なんかここまで癒し系アニメになるとは意外でしたわ。原作はもうちょいとブラックな感じなので。



 京アニがやると細部を詰めていく形になるので、こういう形で人情味が出てくるんですね。「日常」も「たまこまーけっと」もこういう感じですが。原作はそこまで日常重視ではありませんから。

 はてこんな感じだっけと思いつつも、結構楽しく観れてしまう。これって、小林さん役の田村睦心のカリスマ男前演技があればこそですよね。キルミーでソーニャちゃんやってたの、もう5年も前なんやなあ。あのころはここまでうまいとは思いませんでしたけど、その後男前キャラを磨きに磨いてここまで来た感じですよね。なんせ今や「体育会系ラジオ」とかやってるもんなあ。

 最終回一歩前の今回は各キャラの平和な日常を振り返りつつ、トール父の来襲を最終回に据えると。まあなんとかいい感じで着地できそうかな。楽しみ。
posted by てんちょ at 23:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

【明坂三上のよたんぼぱやぱや】番組振り返りニコ生!

 いよいよ終わりかあ……と考えながら観ていたら、予想を上回る充実した内容に驚愕してしまいましたよ。いやぶっちゃけすぎでしょ(^^; 本気で予算をきれいにゼロにしてしまったので終わるしかないと(笑)そこでこのPRニコ生ではハッピーターンとスルメをツマミにボチボチ飲んでいたという。



 しかしまさか手描きアニメが軽く一本作れる金額注ぎ込まれたとは予想外ですわ。しかもロケした各回の飲み屋でいくら使ったかを次々ぶっちゃけていくかという(^^; 焼肉屋がそれなりに高いのは納得だけど、まさかもんじゃが1位とは! そして一番安かったのは第3回の「てげてげ」。これもびっくり。2人で飲み食いして7480円?? そのひとつ上が16510円と倍以上にはねあがってたんですから。てげてげ無欲すぎ。首都圏でそんなことしてたら近いうちに潰れるで。潰れないうちに一回行ってみたい。

 後半になって予算が削れてきているのをあけこ姉さんが推理していたのにもびっくり。さすが金のことでは鋭すぎるほどの鋭さ。そして1位は63144円。てげてげの9倍!! スタッフの弁当を配りそびれたのでスタッフも食事したのが敗因とか。

 そしてそして後半の企画は「新人さんを探せ」ゲーム。これがすごい伝説の展開に。常連がわざわざ新人のふりをして書いてきているので、それを見破って真の新人さんを見分けろ、という企画。みんなうまいなあ。推理スキルの高いあけさんもすっかりダマされてた。新人だと擬態した常連だと思ってはねてみたら、これが逆に新人だったりするという。いやー盛り上がったなあ。

 本編のディスクは別にいらないけど、これ逆にディスクほしいわ(^^;

 次回は果たしてあるのか? こちらも注目ですね。今度は毎回スタジオで、視聴者から送られた地元の酒を吟味しながらあーだこーだ言うのなんかどうだろうか。
posted by てんちょ at 23:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダテコー監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

「プリパラ」#140

 えっ…… これで終わり?



 たぶん今回は新シリーズのつなぎになるんだろうなあ、なんか女神の交代した世界で新たなピンチが起きて、らぁらが別世界に派遣されるとかなんとか…… と思っていたんですが。

 なんだこの場つなぎ的なストーリーは(^^;

 そして、特に完結感もないまま、みんななんとなくばらけていって、最後の最後でらぁらが校長に呼び出されて「あなたは新学期から転校」と命じられるという(苦笑)

 うーん。ここまでかなりがんばった展開で、森脇監督としても新境地だし、なにより大ヒットしたのは本当にうれしい限りだったのですが、こういう風にモヤッと終わったのはなんとも哀しいなあ。もうちょっと壮大にどどーんと完結を打ちだせる人だというのは、マイメロ様で感じていたんだけど。

 ただ、新シリーズと旧シリーズの因果関係がいまいちよくわからないので、今から叩いても仕方ない部分はありますよね。もちろんリセットはリセットなんだけど、旧シリーズのエピソードは終わっているとはとても言えない。たぶん、旧シリーズキャラはまた新シリーズでもボチボチ出てくることになるんだろうなあ。

 ひとまず来週からまた様子見かな。メインキャラのマネージャーとかキャストも明かされていないので、ゆーきちとか出てこないかしらとちょっと期待していたりして。
posted by てんちょ at 23:59| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

「ニジ★ステーション!!」Vol.4

 なんか久しぶりだなあと思ったら、先月休みだったらしい。なるほど。



 それにしても今回はなんかすごかった。ゲストの吉野博行氏がまさかあそこまではじけたキャラとは思いませんでしたよ。テーブルの上に水をひっくり返す、自らずぶぬれになる、ティシュを無限に引き出す……もう唖然となるほどしたい放題。ある意味ロックだわ。結構なベテランだと思っていたんだけど、まさか強心臓のあっちゃんをあそこまで動揺させるとは……いや、安元さんだってなかなかここまでできませんよ。あんなあっちゃん初めて見た。まあ、ある意味でいい経験になったでしょう。

 オープニングの「声優の舞台裏」トークでは、生き生きとしてボケまくっていたので、その落差がまた面白かった。しかしこの人もシグマとは、シグマってロックなキャラしかおらんのか(^^;

 ようやくあっちゃん、地のキャラを出しかけたところでこのしうちですからねえ。しかも後半の名物「そこが知りたい」コーナーでは、西明日香徹底検証が組まれる事態に。あっちゃんをよく知る声優陣として安元さん・ゆーきち・あやっぺが呼ばれるという、すさまじく豪華な事態であるにもかかわらず、全員仮面被って出てくるという「誰得」な事態がまた笑えました。一応「覆面座談会」という体裁なんだけど、誰一人隠す気がないという。安元さんなんて、天狗のお面の上からメガネかけてるし。ゆーきちのバットマンマスクはちょっとかわいくてよかったんだけど、あやっぺの般若なんてマジで怖いよ!(^^;

 しかしそうかあ、あっちゃんはおねだり上手な富豪オバサンなのかあ。新しいキャラを見た思いだわ。結構後輩にサービスしてんのね。末っ子たかり属性を強調している割には、割と真面目なんですね。そのあたりは安元さんが常々証言している通りですが。

 なんか代永くんとあっちゃんて、結構気が合いそう。百合営業しかせず男と縁がないと愚痴ってるあっちゃんですが、代永くんとはいい感じじゃなかろうか。代永くんは半分少女みたいなもんだから、きっとプライベートでも井戸端会議っぽく盛り上がると思う。これからも楽しみです。
posted by てんちょ at 23:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 西明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

「ACCA 13区監察課」#12(完)

 予定通りクーデターが決行されてめでたし、ということはないだろうなあ、というのは予想できたんですが、じゃあどういう形で着地するかわからなかったので、ちょっと気になっていた最終回でした。



 あーこういう風に着地するのか、なるほどと納得。非常にきれいな結末だったと思います。こういう策謀術数的なパワーゲームドラマというのは、どうしても現実の戯画となって送り手の思想が詮索されてしまうので、ここまで徹底的に虚構的な世界を作り上げたのはある意味斬新で面白かった。なんせ、王国の外側の世界が一切出てこない、完全に閉じた世界ですものね。

 ただ、その結果として最後まで何を目指した作品なのかが見えにくく、結局あまり話題にならず埋没してしまったのはいかにも残念でした。終わってみればすっきり分かるんですが、途中の落ち着かなさも半端ないのが悩ましいところだったといえます。

 今期、観ていて一番モヤモヤしたのが本作品。ある意味で、これほど野心的な企画もなかったといえましょう。とにかくまあ見てみろ、というほかないのだけど、キャラデザインはやや写実方向に振ったオノ・ナツメ調だし、テンプレート的な意味で感情移入しやすいキャラクターが出てくるわけでもない。

 ただ、終わってボード上を見渡してみると、みんな個性的で魅力的なキャラクターだったなあ、とは思うのですけど。ちょっと興味を持ったらぜひ見てほしいですね。ちょっとした拾いものではありました。

 

 
posted by てんちょ at 23:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

「リトルウィッチ・アカデミア」#11

 なんか、なかなかアッコは劣等生から抜け出せないようです。なんか辛いなあ。いや、変身魔法の特訓場面を見てても、なんか変な味があることは確かなんです。問題はそれがうまくコントロールできていないこと。



 アッコも少しずつ仲間の輪の中で学ぶ道を探ってはいるんですが、なかなかみんなに認めてもらえる自分の武器が見つけられず、空回りしてしまう。とはいえ、これだけ精神が強いというのは、既に武器なんですけどね。魔法の鏡の力でダイアナにされることで、自分が疎んじていた優等生がどれだけ裏で頑張っていたかもわかって凹んでしまうというのは、なんかわかるだけに辛いですよね。

 まあ、それで「月光の魔女になってみせる!」と根拠なくタンカを切る後先考えない根性がまたアッコらしくていいんですけどね。

 ただ、なんかしら思いついたらしいのはよかった。というところで第二クールへ…という繋ぎのあるエンディングは読み切り型のこの作品ではちょっと珍しい。次回、ちょっと面白いものが見られるかもしれません。やっぱ2クールないとできないことって多いですよね。2クールでオリジナル、という流れをこの作品が少しでも引き寄せてくれたらいいんですが。やっぱ分割じゃなくて連続でないと、こういう作品は楽しめませんよね。
posted by てんちょ at 23:06| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

第33回内山夕実と吉田有里のゆゆらじ【ゲスト:西明日香】

 最近イベント関連で超忙しいあっちゃん、とうとうこちらにも出てしまいました。ゆーきちの仕事を盛り上げるためには、本当に努力を怠らない。いい先輩やなあ。



 こちらは簡単なCGとはいえ、ラジオにアニメ絵をつけてしまおうという、なかなか豪華な番組でして、当然なかなかゲストを呼ぶ機会もないんですが、ゲスト回はいつも大いに盛り上がっているので今回も期待せざるを得ない。なんと半年前にはもう呼ぶことがきまっていて、あっちゃんのアニメキャラデザインも決まっていたらしいんですが、実現はここまでずれこんでしまったという。

 本当、西明日香さえ呼べば盛り上がることは保証付き、とあっていろいろなイベントやらトークやらラジオやらに引っ張りだこ。まさに実に特異な形で業界に存在感を確立したものですよね。今回は

「変顔したらそれも反映してくれるの?」

 ですからね。いや何を目指しているんだあんたわ、という感じですが、実にあっちゃんらしいといえばあっちゃんらしい。

「まりもっこりみたいな目つきでお願いします」

とか言ってジタバタ動き回って笑いを取るわけで、洲崎西やデリラジ、西神社とも違って、毎回メディア形態を計算に入れて貪欲に笑いを取りに来るあたりさすがだなと思います。まあゆみりんも24日更新なのにあっちゃんとの語呂をわざと外してくるあたりとか、よく心得ていらっしゃる。

 ぼのぼのネタで強制タイアップを張ったり、ボビー・オロゴンを出してきたりと、本当に好き放題やっているようでいて、絵でネタをやることのポイントを微妙に心得ているんですよね。笑いへの執念ここに極まれりという感じでしょうか。あっちゃんのすごいところは、これをすべて計算でカバーできるところ。

 ゆーきちは、もうあこがれのあっちゃんが出るということで舞い上がってしまって

 「ゆゆ、ゆみさん落ち着いて!」

 って君が一番慌ててるやん(^^; まあ、この天然ぶりがゆーきちの味なんですけどね。このままあっちゃんとのコンビを通して、ゆーきちには自分らしさを磨いていってほしいもんです。
posted by てんちょ at 23:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 西明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

「Rewrite」#24(完)

 まあ、特に第二シーズンは西明日香タグが妥当かどうか疑問がないでもないんですが。ほんと、あっちゃんの出番はひとこと・ふたことだからねえ。ただまあ、あっちゃん出演でなかったら見ることもなかったので。



 基本的には、多くの人が言っている通り、特に面白いわけでもないストーリーでした。なんかエコ的世界観もどこかイタい感じでリアリティに欠ける。いや、エコがあかんわけじゃないんだけど、どこか浮世離れしてて、物語としてもリアリティが感じられないというか。

 その割に話に無駄に凝りすぎていて、ストーリーもぼんやりとしかわからない。あまり勢いこんで読み解いても大したことは言っていなさそうなので、そこまで熱心に観る気にもなれなかったし。ところどころコメディ的な要素は面白かったんですけどね。今回でいえば「就職を拒否する大学生のようだわ」という表現がなかなか良かった。

 原作はなんか「とにかくひたすら長い」という感想ばかりが並んでるので、アニメ化に向いてないんじゃないか、というしかなかったです。でも、どうしてもやりたいのであれば、こういうプレイムービーみたいなやり方じゃない方がよかったんじゃないでしょうか。特に第二シーズンは「これ必要か?」という感じで、いい悪い以前に見ていてまったくぴんときませんでした。

 ひとまずおつかれさまでした。でも、天衝監督には、きんモザの三期に専念してもらったほうがいいんじゃないかと思いました。あと、あっちゃん主演でなんか作って(^^;
posted by てんちょ at 23:49| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 西明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

「昭和元禄落語心中〜助六再び篇」#12(完)

 というわけでこれにて完結。いやーすごかったなあ。まさに万感のフィナーレでありました。個人的には前回で終わり、今回はエピローグぐらいのつもりで見てたんですが、どうしてどうして。



 十五年の時が過ぎ去り、信之助は菊比古の名を継いで二つ目に、そして助六は八雲を襲名することに。小夏はようやく念願叶って女性落語家デビューが決まり、まさにそれぞれが先代八雲の遺志をそれぞれの形で継いで、発展させていく、という形を見せたとこで終わるんですね。なるほど、伝統芸だけに、「受け継ぐ」ことの大切さを示して終わろうというわけですか。

 一時は存亡の危機に立ったこの世界の落語も、百名を超える噺家を抱えるまでに成長、ようやく現実世界に近いところまで追いついてきました。

 今回驚いてしまったのは、助六も小夏も、ちゃんと年齢を重ねた声になっているということ。もちろん青年時代から晩年まで一人で演じ切った石田さんが一番大変ではあったんですが、与太郎ももともとの軽さは残しつつも、それなりの年季と重みを手に入れた、ずっしりとした語り口と渋味を感じさせる芸風になっていたのには驚いた。そして、小夏姉さんの方は、威勢のいいのはそのままに、きっちりオバさんの声になっていたというのがまたすごい。

 一方、信之助は、小朝か志ん朝かというサラブレットぶりを発揮しつつも、ヤンキーみたいなしゃべくりが残ってしまっている、まだ未熟な若者ぶりがよく出ていたと思います。この後どういう風に成長していくか楽しみなところなんですが、ここで最終回なのが残念でならない。

 関さん、クライマックスで演じた「死神」は、まさに助六・八雲の合体技で、一瞬先代の姿を幻視してしまうのだけど、あえて陽気にワッと落とすことで、厄払いを果たす、というのもまた最終回らしくていい感じでありました。

 そして最後の最後で明かされた驚愕の真実。まあ、冒頭場面でなんとなく納得してしまってましたけど。この作品、なによりもストーリーがよくできていて、そこは雲田はるこさんの腕前の見事さなんですが、そこに命を吹き込んだ声優たちの名落語家ぶりが何よりもすばらしかった。マンガには声はないわけで。本当に「名人芸」を見せてしまうすさまじさ、声優という職業の凄みを見せたという点で伝説の作品になったと思います。本当にみなさん、おつかれさまでした。

 結構要望が出てますけど、ぜひとも声優陣のフル収録の落語CDがほしいですね。各人、若い頃と晩年の二席ずつ。変なドラマCDよりはよっぽどこっちがいいでしょ!

 ともかくも、本当にみごたえのある作品でした。今期のベストは「このすば」と「落語心中」かなあ。どっちも二期目なんだけど。
posted by てんちょ at 23:56| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする