2018年01月11日

「からかい上手の高木さん」#1

 今期は全体に完成度高いですね。どうしようもない作品というのは案外ない。ただ、じゃあ全部視聴してたらとても時間が足りないわけで、やっぱり大化けしそうな変数の多い作品を残さざるを得ない。完成度がいくら高くても「これ1話で十分では?」という感じの×12感がありありと感じられる作品は切らざるを得ないというか。



 これなんかまさにその典型ですよね。確かに、男の子が女の子に絶対勝てない小6〜中2ぐらいの時期に焦点を当てて、女の子にいいように玩具にされる子供っぽい男子の「かわいさ」を、ちょっぴりノスタルジーをこめて描くという。

 なかなかいい目のつけどころだと思います。結局西片くんは表面的にしか恋を理解していないわけで、ある意味でこれは高木さんの片思いのラブストーリーともいえる。でもこれ、延々こういうの続けるんだったら「隣の関くん」と一緒ですよね? 1話見て「うん、わかった。もういいや」という感じ。

 よっぽど驚くような大展開はないだろうし、そこが愛されているところだというのはわかるんですが、個人的にそこにはあまり掘り下げたい感情はないかなあ。ああ、こういう感じねというのがわかればそれで十分。マンガだとあまり感じないループ感がアニメだとやたら強調されてしまうのも辛いところですよね。

 なんかそういう意味で、テレビアニメ向きではない素材が一気にアニメ化されている気もする。なんかいろいろ辛いなあ。そのあたりはまた、まとめて紹介しますが。全般に出来がいいだけに辛い。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

「りゅうおうのおしごと」#1

 いや、ラノベ原作にしては結構期待してたんですよ。結構真面目に将棋描いてるということだし。将棋連盟全面協力らしいし。



 んで視聴した結果。「三月のライオンがあるから要らなくない?」

 まあそんな感じでした。この人、「のうりん」の人ですよね。あれも農業高校を丹念に取材してると評価が高かった作品ですけど、露出狂の女教師があまりに不快で見てられなかった。
 これも、押しかけ弟子が小学生の美少女というのはまた耐えられるとして、露骨に全裸で玄関で迫ってくるとか明らかにやりすぎ。作者真面目な人らしいから、取材も真面目にやるけど、サービスシーンも露骨にやりすぎるんやろうか。でも、ここまで行くと「さじ加減って知ってる?」とか言いたくなってしまう。

 あと、女王様気質の姉弟子に頭が上がらないとか、ちょっと理解できないですね。あと、将棋クイーンの人気が不自然に高すぎる。そもそも残念ながら、対等に戦えないからこそ女子リーグがあるわけで、ずっと実力が下の棋士にペコペコしているというのはあまりにも不自然。
 いやファンタジーだよ、というのなら、男性棋士の世界に乗り込んできてガンガン勝ち進んでることにすればいいんですよ。「ふたりっ子」という先例もあることだし。変なところでリアリズムを貫こうとするから、かえって不自然さが浮き上がってる。
 金沢と大阪が舞台だから、個人的にはとてもうれしいはずだけど、ちょっとこれでは観続けられそうもない。というわけで視聴断念です。この原作者、やっぱり肌が合わないみたい。
posted by てんちょ at 00:04| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

「カードキャプターさくら クリアカード篇」#1

 なんと放送終了から18年もはや立派な懐かしアニメですね「カードキャプターさくら」。そんなに時間がたってたんかと衝撃を受けたりもしています(^^;



 しかし劇中では何事もなかったかのようにさくらは進学し晴れて中学1年生に。もはや当時子供で見ていた層でさえ、結婚して子供がいてもおかしくない歳。われわれおっさんは言うに及ばず(笑)

 んで、劇中でみんな当たり前のようにスマホ使ってメールを送っているのを見て衝撃を受けるわけですよ。どちらも当時はなかった!(^^; しかし逆に言うと、これだけのタイムラグをものともせず、監督やスタッフ、キャストすら丹下桜以下ほぼすべてのメンバーが結集したという事態に「いかに愛されている作品か」を感じずにはいられません。

 あれから魔法少女ものには「まどマギ」という激震が訪れ、魔法少女もの=グロという構図すら生まれつつあったわけで、そんな中、「さくら」が帰還するということは、まずCLAMP名物ちゃぶ台返しは通用しないということが確定しているわけですから、ほのぼの路線で安心して見ていられそうですね。

 いやはや、それにしてもこの違和感のなさはかえってものすごい。まるで昨日まで前シリーズが放映されていたかのよう。あ、昨年再放送はあったんでしたっけ。でも今更と見てはいなかったんで、本当に最後の劇場版以来の再会で、それでこれだけスッと自然に馴染めるのはむしろ感動。浅香監督ありがとう。

 あとそれと、冒頭からしゃべりまくってる久川綾の変わらなさがなによりうれしい。ケロちゃんあってのさくらやったんやなあと改めて感じ入りましたよ。しかしあれから18年、メインキャストはみんな大御所になったなあ。あ、そうそう。個人的には山崎くんの復活が一番うれしいなあ。中の人・宮崎一成さん、ほぼ10年ぶりの復活で、変わらぬホラ吹きぶりを見せてくれました。この先も名調子期待してます!
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

「ポプテピピック」#1

 えー目下ネット上では罵倒の嵐だとか。そうだろうなあ。でも個人的には、ケラケラ笑いながら楽しんでしまいましたよ。なにしろ、本当に江原正士が出てくれるとはおもいませんでしたもん。



 われらが真下社長の代弁者的存在として、常に作品のどこかに出続けてきた江原さん。「イートマン」のころから大ファンでした。いまや洋画吹き替えの大御所ですけどね。しかしシリアス演技だけじゃなくて、ギャグにも切れ味が良かったのがこの人。だから、このアホみたいな作品にも、ただミスマッチな演技をするだけじゃ終わらんだろうと思ってました。

 いや予想以上ですわ。もうセリフにコブシ効かせまくって、ノリノリ。それでいて、これしかないと納得させる、ぴったりというほかない完成度。さすが江原さんや。「うぉたぁしぃポプ子ぉっ」とか、こんなん笑うしかないわという渋さ極まる大熱演。相方の大塚芳忠さんも見事。あの飄々とした劇場アニメ版「ぼのぼの」の名演技を思い出してしまいましたよ。「いっぱいちゅき〜」「大丈夫か?」とかあの声で言われたら反則や。

 ちなみに、元ネタ知ってる話も多いはずなんですが、ストーリー自体はまったくわからん、というかパロディとして理解するのは無理。ぜんぜんピンときませんし。まあみんな怒るのも無理はない。ニセの萌えアニメをひっちゃぶいて登場するのは予想の範囲内でしたけどね。

 だからたぶん、ギャグとしての完成度の低さは想定のうちで、声優の名演を楽しむという点で、これほどの素材はないのかもしれない。だから15分の素材をあえて2回まわしにして、二回目は「タッチ」のなつかし名コンビに当てるというこれまた予想外なことをしている。んで、これがまた見事にガラリと雰囲気が変わって面白いのですよ。

 んで、もともと発表されていたみかこし&すみぺコンビのバージョンは登場するのか。試写会はこのふたりの声だったから撮ってはいるんだろうけど、はたしてオンエアされるのかどうか。あえて放映しなかったらかえって面白いなあ。

 たぶんこの先も、いろいろな豪華な声優陣に当てられた空疎なネタが続いていくと予想。でもそれでいいんじゃなかろうか。ネットで「どんなコンビが見たいか」と意見出し合ってる人たちもいましたけど、私も、洲崎西コンビのポプテピが見たいかなあ。というわけで、視聴継続です。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(4) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

「結城友奈は勇者である−勇者の章」#6(終)

 えーと、つまり鷲尾須美地上波放映要った? という感じでしょうか。別に会場売りのディスクだけで採算は取れたようだし。個人的にはまったく評価しませんけどね。いらんやろあれ。

 

 結果として無理やり新エピソードを6話に押し込んだ結果、伏線として使われるべきエピソードが次々と落とされたのは明白で、結果として、大作アニメの総集編だけ見せられたような消化不良を感じてしまいましたよ。

 あーそうかー神樹と決別することを決めたことで、天界神の怒りも解け、絶望的なバーテックス包囲網も消滅したと。ただ、後に残されたのは膨大な荒野と足りない資源だけで、人類は果たして生き延びられるのか微妙、もはや神樹の加護もなく、自分でなんとかしなくてはならないと。

 ただ、神の眷属になったところで「麦の穂」になることが人類にとって幸せかというと、極めて微妙。そんなの生きていると言えるのか。

 とかいうような葛藤は、おそらくここに至るまでのエピソードで描かれるべきことであって、最終回でいきなりバタバタと書かれても困るのですよね。監督も消化不良に愚痴ってるようだし。まあそりゃそうか。

 第一シーズンは、10話の衝撃だけで評価していいと思う。逆に言うと、それで絶望エンドにできない以上は、偽善エンドでモヤモヤと終わらせるしかないわけだけど。

 ただ、第二シーズンに6話しか使えないことはかなり早い段階からわかっていたはずで、ならば語るべきことを絞り込むしかなかったと思う。もともと考えていたことはみんな使いたいという気持ちはわかるけど。でも結果として本体のストーリーが沈没したら意味がないと思う。

 なんか新シリーズは「ウルトラセブン」の最終話前後みたいな闘病記ものに終始してしまった気がする。バーテックスとのアクションもほぼなかったし。なんか本当、残念ですよ。ぱるにゃすにとっては「未確認」に続く代表作であるはずなのに。うん、こうなったらゆーきちを呼んで、続編作るしかないな!
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(3) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

「ゆるキャン」#1

 うん、まあちょっと危惧していたほど悪くはなかったかな。全体に作画でびっくりさせるような演出はなくて、あまり予算も取れないので冒険せず堅実に行きます路線。



 本当は、富士山の見えた瞬間の映像は、ちょっと震えるようなものになっていてほしかったんだけど、ないものねだりかなあ。ちなみに作画は全般的に同じ日の「小泉さん」の方がよかったけど、小泉さんは演出にムラがあって、30分通して見ると飽きてしまう。こっちは地味だけど、演出のツボは押さえているので、低予算なりにちゃんと入り込める構成になっていましたね。

 ただ、豪華キャストを配置しただけのことはあって、そのあたりはしっかり生かしてる。ある程度作画を犠牲にしても、芝居で楽しめるものにしようってことだったんでしょうね。なんせ大塚さんがナレーションとか予想外すぎる。まあ、何がしたいかわからないよりは、ちゃんと楽しめるものにしようという意図は十分伝わるので、よしとしましょうか。テントの張り方とかは実にこだわった作画になっていたし。

 というわけで、視聴決定です。これは案外楽しめるものになるかもしれません。
posted by てんちょ at 00:14| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

「Just Because!」#12(終)

 というわけで完結なのだけど、これまたモヤッとした結末。最近はラブストーリーが好んで製作されますが、どこかはっきりしない結末になりがちなのは、なにがやりたいのかはっきりさせられないからなのでしょうね。ラブストーリーならなんでもいいってもんじゃない。



 これは「月がきれい」と違って群像劇というふれこみでしたけど、結局、二組の恋愛模様が描かれただけで、しかも個々の思惑がすれ違う、というほど緻密に心理描写がされたわけでもない。結局どうしたかったのかは、いまいちよくわからない。

 そもそもヒロインがあまり魅力的ではなかったし、主人公もなにがしたいのかよくわからない。それに、ドラマチックにしようと思ったのか、最後の最後ですれ違わせましたけど、これってそのまま疎遠になって終わるんでない? あともう一組の方も、生活が安定するまで様子見ということでしたけど、就職組と進学組は、なんとなくすれ違って終わるんじゃなかろうか。まるで生活環境が異なるから、たぶん会話がかみ合わなくなっていくと思われる。

 結局のところ、写真部の少女が突っ走ってフラれる、という一人称のドラマにした方が面白かったんじゃないかと思ったり。その方が青春の切なさ感が出ますよね。

 いや本当、オリジナルは難しい。応援はしたいけど。
posted by てんちょ at 00:04| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

「宇宙よりも遠い場所」#1

 というわけで、冬アニメ第一弾。は?南極アニメ? という感じで、実のところまったく期待しておりませんでした。オリジナルではあるんだけどね。



 なんか暑苦しく夢を語るものを見せられそう、しかも後半はファンタジー一直線なんだよなあと思ってました。

 んで、第一回。まあ、無気力で気弱な女の子がウジウジしてる冒頭はもう黄金パターンで「またこれか」とすら思ってたんですけど。サブタイトルが「青春しゃくまんえん」。んで、女子高生のカバンから現ナマ100万円がこぼれおちて主人公がそれを拾うという展開。いや、そんなんアリ??

 むろん製作サイドもバカげてるというのはわかってるでしょう。いくらコツコツためて南極に行くぞと吹聴してまわってるからって、その現ナマ持って廻る?? どう考えても銀行に貯めてますよね。ただ、あまりにもバカげすぎていて、インパクトは見事というほかない。「青春しゃくまんえん」というサブタイトルも絶妙だし。まあ、バカバカしいからこそ、インパクトがある。

 「百万円貯めて南極行くぞ!いや難しいのはわかってる!」

 と自己完結してくれるヒロインでありますが、ちなみに調べてみたら、南極に行くだけだったら、100万円でなんとか可能。JTBとかけっこうパックツアー結構あるで。まあ3日程度の滞在でお母さんの遺体が発見できるくらいなら、とっくに発見できてるでしょうけどね。

 じゃあ、この連中はどうやって南極に行くのか? 普通に考えたら、「私の夢」コンテストで優勝するとか、部活でテレビ企画に持ち込むとか、まあ、絡め手が必要なわけで、そこにドラマが生まれてきそう。ただ、キャラクターデザインは「東京マグニチュード8.0」みたいな感じで、かなり名作路線型の地味め。これがはたして売れるのか? と不安になりますが、まあしばらく様子を見てもいいかなと。オリジナルだし。というわけで、視聴確定です。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

「西明日香のデリケートゾーン」#118

新年を迎え世の中がスリープモードの中で、A&Gだけは元旦から動じずいつも通りというわけで、デリラジはなんと堂々の元旦放映!



 開巻いきなり、あっちゃんの口三味線で「春の唄」という新年モード。いやあめでたい。でも新年スペシャル、というわけではなくていつも通りの通常放送。ブレにないなあ。

 ただ、新年だからなんかやろう、というわけで、あっちゃんとスタッフでもち料理対決、というあたりがらしいといえばらしい。食レポひとつとってもとにかく笑いを取らないと気が済まないあたりは、いかにもデリラジ仕様だなあと感心しましたよ。

 ちなみに、みんな即興でなかなか凝った料理仕上げてきましたね。もちひとつで。腹減ってしまったわ。幸い正月でもちも家庭にあるわけだし。作ってみるかな。

 堂々の一位はテム氏のキムチ豚ばらチーズ餅。見た目は汚らしいけど、ちょう美味いらしい。まあ料理やる人ならみんなうなづくだろうけど、食材の取り合わせがクレバーですよね。失敗しにくく、取り合わせとしてケンカしない食材の組み合わせが見事。実際、自分の経験から言うと、キムチかカレー使うと、あとは何を入れてもだいたい失敗しない。まあ、最強すぎて、何入れてもキムチ味・カレー味になってまうんですけどね。

 ちなみに最下位はゆかりちゃんの明太子ソース餅。パスタ用のソースをただかけただけで味見もしてなかった!という。バスタ用を一個のもちに集中投下したらそれは辛いわ。きれいかもしれんけど。

 ちなみにあっちゃんのお勧めはきなこ餅。ああ、関西では定番ですわね。ただ、砂糖以外にひとつまみ塩を入れるのがポイント、というのには「なるほど」と思いましたよ。こういうのがひと工夫なんやろうなあ。

 ちなみに2位のおろし醤油かけもちも、結構定番ですが、なんかひと工夫するとうまそうですよね。

 独断と偏見とかいってましたけど、あっちゃんの舌は結構適格なジャッジでした。そこはなかなか育ちのいいお嬢だけのことはありますね。料理はまだまだビギナーではありますが。あー腹減った明日はもち料理してみるかー
posted by てんちょ at 00:29| 大阪 ☀| Comment(0) | 西明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

「ゆるキャン」に軽い不安

 今期もとてもたくさんのアニメの新番組が予定されています。まあ予断は持たずにラノベでないもの、極端に女子向きでないもの、アイドルでないもの、昼間の子供向きでないもの、第二弾でないものは観ていこうと思っていますが。まあ、今の判断基準で相当な作品が消えますけどね(笑)

 それでもたぶん15〜20本程度は第一話は目を通すはず。そんな中にあって実は期待している一本が、原作既読のあfろ原作「ゆるキャン」。これ、伝説のカルト公式二次コミック「魔法少女ほむらたむら」の作者の作品。

魔法少女ほむら☆たむら ~平行世界がいつも平行であるとは限らないのだ。~ (1) (まんがタイムKRコミックス) -


 まどか二次では大絶賛を受けたヒット作。マジで大爆笑の怪作SFで、むしろこれをアニメ化してほしい気分。これに対して自作のオリジナルは風呂敷を広げすぎて破綻しては打ち切りという失敗を繰り返していたんですが、これはかなり売れたらしく、目下5巻まで順調に刊行中。

ゆるキャン△ 5巻 (まんがタイムKRコミックス) -
ゆるキャン△ 5巻 (まんがタイムKRコミックス) -

 まあ、きらら系お得意の日常ものなんですが、キャンプの緻密な日常描写とギャグ描写のバランスが大変にいい。ただ、まさかアニメ化まで至るほどの作品とは思えず、原作ファンながらちょっと驚いている次第。



 んで、この作品、緻密な日常描写なくして作品が成立しないはずで、このPVの安っぽい画面を見た瞬間に「大丈夫か……」と軽く不安に襲われた次第。もちろん本編ではびっくりするような緻密な展開で、われわれを驚かせてくれるはず…… いや本当、期待してますから!(切実)
posted by てんちょ at 00:54| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする