2017年08月05日

「ゲーマーズ!」#4

 さてこの作品、どれほど売れることになるんだろうか。前期は3桁の惨敗作品がゴロゴロ出て頭抱えました。「正解するカド」みたいに結末部で大コケした例もあれば、「アリスと蔵六」みたいに、いまいち盛り上がらない第二部で切らざるを得なかったことで弾けそびれた例もあって。

 それから見ると、今期は比較的粒がそろっていて、見ている作品の中では大コケは少なそう。「セントール」は視聴止めましたが、あれは本当に超大コケしそうで……

 

 こちらは、ラノベ原作なのに先が読めない珍しい展開。前回は珍しい引きのオチでしたが、なんと今回にストーリーはつながっておらず、番外編的なエピソードが放り込まれているという。

 番外編といいましても、本来のメインヒロインがさっぱり本筋に絡んでこない変なキャラとなってしまったため、まとめて描いておこうというものらしい。ちなみに、この先もメインヒロイン、出番はないそうです。ご愁傷様。主人公に視界の外扱いされて石化、さらに崩れて砂と化し、主人公に踏まれるという珍しいヒロインになってましたね、この人(笑)

 そんな彼女の残念化した日々を見せようという展開のため、本当に久しぶりにゲーム部の先輩方も出てましたね。この先はもう出てこないんでしょうけど。いやはや、変な作品です本当。そして今後、このメインヒロインさんにはほとんど出番はないそうです。嗚呼… ていうかイカちゃんは怒っていい(^^;
posted by てんちょ at 01:39| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

「18if」#4

 ああ、なんかトマトカレーが食いたくなってしまった。カレー好きなんですが、うちの家族が「しょっぱいのイヤ」というからなかなか作れないんですよねえ。あと、煮たトマトはすっぱいからイヤなんだそうな。困った困った。本当は加熱したトマト料理、コクが出て好きなんですが。



 さて今回は女性監督ということで、めずらしく「らしい」作品になりました。最近は女性監督でも普通にエンタメに徹した作品が多くて、こういう風に女性性を強調した作風は結構珍しくなりました。確かにこういう競作シリーズの時は効果的で、うまいセレクトかもしれない。

 男の側からすれば「やせてる女が好き」というのにはさほど意味はなくて、たぶん今回の主人公のモデルの子も実際ぜんぜん太ってなんかいない。だから男は「気にすんな」と軽く言いがちなんですが、そういうもんではないらしい。自分の母親とか見ていると、際限なく太った時の反面教師としての恐怖感があって、絶対甘言には乗るまいぞと思うものらしい。これはある意味で女の意地みたいですから、男性諸君、彼女に無責任なこと言うのはやめましょうね(^^; たぶんボコられる。

 そういう意味では、空腹のあまり、深夜に無意識のうちに食べては吐く行動が止められなくなった少女が魔女化するというのは、結構切実な傾向かもしれない。しかも職場はOLではなくて、喫茶店で、自分が作るカレーが評判メニューと化してしまっているという。それは地獄だ。しかも例の猫博士が常連さんになって毎日のようにお代わりしに来るという。客じゃなかったら殴られてるな、これ(^^;

 そういう意味で言うと、ダイエットヒステリー状態の女性をどうやって正気に戻すかというと結構難しくて、そこは天然タラシの主人公、こういう「ひとくちだけ笑顔で食べてみようよ」というのはいいかもしれない。自分が食べられなくても「作った人が笑顔で食べてくれるならいい」とか思えますしね。

 全体として、これはなかなか面白い展開でした。もはや「魔女ってなんだ」という感じになりつつありますが。そもそもどうやったら解決なんだっけとか疑問が生じつつある。猫博士、実は何も考えてないんとちゃうかとか。まあ、オムニバスアニメだと割り切るとこれはこれで楽しいのでこの先も見ますけどね。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

「プリンセス・プリンシパル」#4

 この作品の魅力のひとつは、ランダムに展開されるエピソード。こういうのは別に新しいことではなくて「ハルヒ」とかでも行われていたことではありますが、ことこの作品に関しては、ミステリ的な味わいが増すという点で絶品の演出といえるでしょう。



 ここまでの展開は 13、1、2という展開。最初が奇手なだけで、後は順繰りなのかと思わせておいて、実は今回はなんとエピソード9!いやあ、予想を裏切ってくれますね。そして実際にこれはただのデタラメじゃなくて、この順序で見ることで、このチームの各メンバーの微妙な立ち位置、必ずしも一枚岩ではないそれぞれの思惑が見えてくる仕掛け。そしてこの過酷なもうひとつの冷戦世界の仕掛けも徐々にわかってくるというわけ。

 今回は作品世界を支えるキーアイテムというべきケイパーライトの技術争奪戦。そしてそこに、謎のニンジャ娘ちせと日本の情報戦略が絡んでくるという仕掛け。このあたりは、どうやら次回のちせ加入エピソードでさらに詳しく語られることになるはず。

 それにしてもこの作品、一話ではここまでとは思いませんでした。もっとチャラい作品だとばかり。非常に綿密に伏線が組み立てられていて、無駄な捨てエピソードとか日常描写かと思われるようなことも、ずっと後になってあああれが伏線かと唸らされる。今回で言えば、チームの尾行訓練が最初の方で出てきますが、これは素人であるプリンセスとベアトがちゃんと訓練を重ねていることを見せつつ(プリンセスは素人ではない可能性もありますが)、後半の潜入シーンでちゃんと生かしてる。こういうのがスパイドラマならではのミステリ描写の妙味ですよね。

 こういう小粋さ、やっぱり絶品。いやーこの先も楽しみです。
posted by てんちょ at 00:59| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

「メイド・イン・アビス」#4

 ややモヤモヤしながらここまで観続けてきたんですが、さあ出発という段になると俄然盛り上がってくるのは素晴らしいかもしれない。やや段取りが長すぎた気がしないでもないのですが、しかし王道は王道。



 何に感動したって、最近ここまでスケールの大きい音づくりをやってのけた作品はちょっと見た記憶がない。いちおう、5.1chに振り分けて聞いているんですが、たいていの作品は、アナログステレオとどこが違うねんというレベルの平板な音づくりしかしてない。

 ノイズ音もBGMも、あちこちから振り分けて音が聞こえてきて、それが結果として階層世界のスケールの壮大さを感じさせるものになってる。ある意味、ものすごくシンプルな冒険物語で、異世界を旅する不安と好奇心がひしひしと伝わってくるのが本当に素晴らしい。

 ガコーンとかズズーンとかいう重低音を効果的に聞かせて、空間の広がりを感じさせるのですよね。これほど「感じる」作品は久しくなかった気がする。この作品はなるべく、昼間にスピーカーで視聴しよう。リアルタイムだと近所迷惑だからね(^^;
posted by てんちょ at 00:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

「ゲーマーズ!」#3

 本当、まったく期待していなかったんですが、尻上がりに面白くなってる。こういうのがあるから、とりあえず第一話は興味と関係なくひとまず見られるだけ見るかとなるわけで。ただ、テンプレハーレムものとか、100%女子向け、見て無い作品の続編は無条件で切りますが。そんな中にあって、今時ラノベでここまで風変りな展開てできるものなんですねえ。



 大半のラノベ作品は、テンプレートを逸脱することを一切許されないそうですが、たまにこういう暴投気味の作品が出てくれるのが面白い。というか、そもそもアニメでは、「のうコメ」とか悪意を持ってテンプレートを揶揄した作品が先にアニメになって、売れてはいたかもだけど、正常な神経では見るに耐えないほどのテンプレ爆走作品が今頃になって撃つ弾がなくなってアニメ化されてるわけですよね。当然炎上してるし、見る気なんて1ミリもないですけど。

 まあこの作品の場合、第一話だけ見た人は、よくある部活ものだと思ってしまったやろなあ。まさかまさか本当にゲーム部はこの先もまったく出てこないのか! 今回は珍しく記憶喪失君が再登場してましたけど。そしてメインヒロインがまったく主人公の視野に入らずストーカー化してしまい、主人公の周辺の人間関係がどこの実話雑誌かと思うようなドロドロの錯綜した構図になっていくという。もはやゲームもラブコメも関係ない! というかこれ何なんだ(^^;

 面白いのは、もてまくるのは主人公ではなく、その相方であるイケメンの方ということ。だれか指摘してましたけど、実はハーレムテンプレートが確立される前の70〜80年代はむしろ主人公はモテなくて、参謀役というべきイケメンの相方がやたらもてたと。ああ、言われてみれば確かに。当時ハーレムなんて概念はないから、そんな見方はしていなかったけど、現在から思い返してみれば確かにそうなのですよね。

 ただ、当時の作品は、何か目的があったはずで。全国大会に行くとか廃部を食い止めるとか。こいつら部活ですらなく、目的もないのに、ひたすら人間関係は混沌化していくという、ある意味スゴいな。こういうなんの主軸もないまま読者を引っ張っていけるというのは、大した才能なのかもしれない。

 今期はイマイチ斬る作品が多かったんですが、残した作品はどれも案外いい。ある意味理想かも。見る作品
は少なくてハズレはないという。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

「18if」#3

 おお、これのこと忘れてた。今回もまたガラリと雰囲気が変わります。変わりすぎ。



 今回はえらく白っぽい画面で、主人公はほとんど狂言回しに近いぐらいの立ち位置。とにかくかなりぱっさり説明が省かれているので、内容を理解するのは結構骨。おそらくは、難病持ちの少女が、待望の高校デビューを果たしたけど、すぐに病に倒れ、学校生活をエンジョイできなかった無念を抱えたまま、内世界に生きているという状態。そこに入り込んだ主人公と初めての恋をして……

 とまあおそらくはそれだけ。主人公はほとんど能動的に動かないので、結局何も解決せず、切なさだけが残るという展開。これ、面白いんだけど、楽しめる人は限られるだろうなあ。そもそも主人公が同一人物に見えないというのはやりすぎで、もう少し各エピソードに森本晃司が介入してもよかった。

 まあそのあたりのつじつま合わせは本人エピソードでやってくるんでしょうけど。たぶん、海外で売る気満々なんだろうし、国内のディスクセールスが惨敗でもあまり気にしないんでしょうけど、はじめてのテレビシリーズなんだし、もう少し本気を見せてもバチは当たらなかったんじゃないかなあ。
posted by てんちょ at 01:31| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

「アクションヒロイン・チアフルーツ」#1〜3

 なんか特撮モノへの本気だけはあるんだけど、その方向性はうまく回ってくれるかどうかは未知数。



 とはいえオリジナル作品ではあるので。「サクラクエスト」が、これだけ地域起こしのむずかしさを延々と描いている中にあって、パクりもの特撮ご当地ヒーローでテコ入れはできるのか? まあ、特撮は本気で好きなのね、とは思いますが。

 「サクラクエスト」と違って、コピーショーだけでいきなり100万円を荒稼ぎしたり、どういうことやねんと思っていたんですが、なるほど、版元から訴えられるとかそういう路線で行くのね。それはそれで生臭くて面白いけど。美少女アイドル路線と錯覚させておいて、ひたすら金金で行くというのはある意味新しいかもしれない。100万円も稼いだから、版元も黙認していられなくなったわけでね。

 そういう点では、ちょっと目の付け所は面白い。はたして少女たちはピュアでいられるんかなとちょっと不安にはなりますが(^^; 少々作画的には不安だし、変な演出にテンポを崩される場面もありますが、ひとまず注目すべきポイントがいろいろとあるのは確か。まあしばらく様子見かな。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

「プリンセス・プリンシパル」#3

 さてこの作品どのくらいヒットするかなあ。ヒットしてほしい。こういう野心作がなかなか通りにくいご時世だけに。



 そして今回は前回に引き続いて普通に過去ストーリーが続いてました。さてどういう風に展開することになるか。まあ日本人ニンジャ娘がまだ未参加ですから、チームが固まるまではこのまま行くのかな。そして今回は、王女の側近、ベアトリスがチームに心預けるに至る経緯の物語。

 確かに王女は王女で野望があるとはいえ、側近少女の思惑は別なわけで、第一話のように信頼感あるチームプレイが流れるように成し遂げられるためには、それなりの段階が必要となるはず。そういう意味で、非常にきっちりとツボを押さえてくるこの脚本は大いに信頼できるものと言えます。

 確かに第一話で自在にボイスチェンジしてましたけど、ああそういう過去があったのか。貴族社会がマッドサイエンスに席巻されるとどうなるか、という、ある意味では非常に興味深いパラレルワールド実験。きちんと大元の設定を踏まえつつ、それがひとつひとつ、エピソードの伏線としても機能しているのがすばらしい。最近は、かなりいい加減な脚本も多かっただけに、こういう精緻さはもっと大切にしたい。

 ベアトの声帯模写で危機を回避する場面で、敵もザルではなくて、ひっかけの質問を仕掛けてきて、そこはアンジェの高性能(これも事前に伏線がある)を強調する仕掛けでかわす、という二段階の仕掛けが実に見事でした。こういう丁寧さがみられる脚本は最近少ない。どうしても時間が足りなくてやっつけになってしまうんでしょうが…… 日本アニメの魅力は作画よりも演出と脚本と思っているので、矛盾なく話を繋ぐだけでなく、うまく伏線をリンクさせていくカタルシス、オリジナルならではの醍醐味、もっと見せてほしいものですよね。
 
 それにしても、これだけシリアスな展開の後に、締めは「帰ってきたドラえもん」というのはなんともまた小粋ですなあ。ますます次回が楽しみになってきました。今期のトップはどうやら間違いなくこれになりそうですね。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

視聴を断念した今期作品

 さて、今期も1話だけはいっぱい見ましたが、迷う余地すらなかったのはちょっと残念。ちなみに論外とかあまり言いたいこともないとかで、触れてない作品もそれなりにあります。

「異世界食堂」


 ファンタジー世界の住人たちが、洋食屋のメニューをうまいうまいと食ってるだけの話。各国料理マニアとして言わせてもらうと、初めて食べたものが「うまい」と感じることはめったにないはず。異文化の食事は思想が違いすぎて、慣れるまで時間がかかるのが普通。だから、この手のオレら文化万歳作品は、そもそも設定が破綻してる。あと、これストーリーないですね。マジで。

「ナナマルサンバツ」


 高校クイズ研のスポコン的な世界を描くというのはアイデアとして悪くないです。でもみんな指摘している通り、ヒロインが死ぬほど棒ですべてが台無しに。ここまですべてを台無し化している作品もちょっとめずらしい。ちょっと気の毒ですね。他のキャストが。

「時間の支配者」


 設定がかなり破綻してますね。あまりにも混乱したまま制作に突入してしまったせいか、もはやなんだかわからないことになってしまってる。

「ボールルームへようこそ」


 退屈な日常に鬱屈を募らせる平凡な少年が、偶然出会った〇〇に思わぬ才能を見出され……って今期もたくさんあるけど、さすがにここまで同じパターンを繰り返されるとツラい。

「セントールの悩み」


 原作はリュウで読了。なんとなく読み飛ばしてましたけど、それにしてもリュウはこの手の亜種モノが多すぎ。専門誌かいな。コミック版ではあまり気にならなかったんですが、アニメ化されると、ただひたすら設定が延々と積み重ねられていくだけでストーリーはなにもないんだなこの作品、と気付いてしまった。深川芹亜は思ったほどひどくないんですが、なんとなくキャストの間に流れるギスギスした空気が感じられてツラい。

「バチカン奇跡調査室」


 江原正士が久々にメインキャストで出るということで期待してたんだけど、やはり米たにヨシトモのトンチンカンな演出がどうしても生理的に合わない感じ。本当、この人と藤咲淳一はおとなしく蟄居していてほしい。物語の組み立てとかキャラクターの肉付けとか、基礎的な演出部分で明らかに「それは違う」ということをやらかしてくるので。この人は。
posted by てんちょ at 01:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

「THE REFLECTION」#1

 ま〜た長濱監督が周囲をダマくらかして、変なアニメを作ってしまいましたよ。しかも今回は日米合作でNHKも巻き込まれてる。ご愁傷様。まあ、これだけ大がかりなのにまったく話題になっていない時点でご愁傷様でありますが。



 フルカラーのアメコミ空間をそのままアニメ化したら、きっとオシャレでサイケデリックで、話題騒然な見たこともない作品になるに違いないよ!

 なーんて長濱監督、また吹いたんでしょうなあ。あなた「蟲師」しか成功作ないんだから、変なことやるのはそろそろ止めたほうがいいよいい年して。地道にリアルな質感を積み上げていく堅実さがあったからこそ、「蟲師」は売れたわけであって。「惡の華」がどれほど盛大な大失敗に終わったか、まさか忘れたわけじゃあるまいに。

 アメコミをそのまま動かしてもアニメにはならんということを、いやはやまったくすばらしい説得力をもって示してくれてしまいましたよね。これ、静止画のコマ絵だったら、なかなか緊迫感のあるものになりそうなんだけど、CGのしょぼくてペラい動画になると、本当にもうがっかりするほど安っぽくてダサくなる。思いつきで何かをやることの限界を身を持って示す勇気には、まあ感心しないでもないのですが、それにしても相変わらず冒険しすぎ。

 「惡の華」といいこれといい、テストフィルム作った時点で「撤収〜」となってしかるべきものでした。いったいどういち力が働いて、テレビシリーズにこぎつけてしまったのやら。

 なんかアクション場面もガチャガチャして、やたら空疎だし、なんだなんだ何が起きてるんだ? という風にはまったく観客を引きつけられてない。いきなりコミックブックのヒーローが飛び出して現実のニューヨークを飛び回ってる! すげえぜ! ではなく。なんかやすっぽい書割のミニチュアの中を蠅が飛び回ってるのを延々映してる感じ。しかも潰そうとしてもうまくいかず、蠅がゆうゆうと逃げ回っている感じのイライラ感が満点。本当、誰が得するんだろう、これみて。

 なんか「18if」や「セントール」よりも豪快に大コケしそうな大失敗作が現れてくれたのはありがたいですけど、「18if」のファンとしては。もちろんみません。やっぱりなあ。しかしこれ誰が見るんだろうか。よほどなアメコミファンでも逆に怒り出して観ないと思うぞ。
posted by てんちょ at 02:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

「ゲーマーズ!」#2

 先日も言いました通り、完全に暇つぶし、木曜日は何も見るものがないから選んだのですよね。しかしちょっとこの展開は大いに予想外でした。



 いくらもったいぶっても、主人公、ゲーム部に入るんだろうと思ってましたよ。え、まさか。あのエキセントリックで強烈なゲーム部の先輩たちも、記憶喪失に悩むコイン落としの美少年ももう出てこないの? なんともったいない。

 実際、OPが今回から導入されたのですが、メインキャラクターは富永利行演じるイケメンと、るみるみさん演じるアホっぽい彼女の方らしい。るみるみさん、妙にアホキャラ多いなあ。ゲーム部では、金髪マドンナだけがメインになると。

 なんか特に展開もないまま唐突にマドンナが一方的に冴えない主人公に恋心を募らせて壊れていく展開に困惑している人が多かったです。まあそれもわからないではないんですが、おそらく自分の容姿に絶対の自信があるタイプの人間にとって、大したことないと嵩をくくっていた相手からあっさりフラれると「ひょっとしたらすごい子なんじゃないか」と急に評価が高くなって、なんとか自分のものにしたいという欲望が高まると。そういう意味ではとてもうまい。

 しかし、これでこの作品がいったいどこを目指しているのやらさっぱりわからなくなりました。テンプレート全盛のラノベ界でも時々こういう作品は出るんですねえ。木曜日、ちょっと楽しみです。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

「NEW GAME!!」#2

 なかなかシビアなエピソード。新人とあこがれの先輩の蜜月も長くは続かなくて、気が付けばライバル同士という厳しい世界。実際にこういう話はあるあるなので、心をえぐられた人も多かったようで。



 確かにねえ。第二シーズンになってちょっと能天気な日常お仕事アニメで済まない方向にシフトしてきたようで、実はちょっとこの2話になってこのシリーズのことを見直した。第一シーズンはそこそこヒットしたみたいですが、「未確認」ほどの奇跡は起きていなくて、この監督さんに求めたものはもっと大きいとちょっとがっかりしていた次第。

 そこから考えると、こういうシビアさを世界観を壊さない範囲で巧妙に仕立ててくる職人的な演出のうまさは、さすが藤原監督という感じではあります。それにラストの着地点がなかなかうまくて、結構さわやかに観終えることができているし。

 それよりもなによりも、ゲームのキャラクターデザインというのがどのようにしてできるのか、ストーリーがほとんどない、ぼんやりとした世界観だけで、どのようにしてキャラクターを作りこんでいくのか、という展開を一目でわからせた功績は見事でした。ああ、そういうことか。と誰もが膝を打ったはずです。

 素人だと八神の最初のキャラクターデザインでも何も問題がないと思えたはずで、社長は何を求めていたのかが、まったく見えなかったはず。つまり視聴者にも正解が分からない状態で二度目のプレゼンを迎えたわけで、しかしほんの簡単なデッサン絵数枚で「ああ、そういうことか」と瞬時に理解させたセンスの良さは讃えられてしかるべきもの。これぞアニメ演出というものですよね。あまり期待してなかったんですが、この作品、むしろ今期の方が期待度が高まってきたかも。
posted by てんちょ at 00:58| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

「18if」#2

 毎回監督を変えるというのはこういう意味だったのか…… なるほど。主人公と夢というコンセプトだけが共通していて、ストーリーのタッチはもちろん、主人公の性格すらかなり違うという。



1話はかなりのんびりしたファンタジー調コメディだったのですが、こちらはかなりガチのスプラッタホラー。そりゃあ最初に字幕で「残酷なシーンがあります」と出るわね。というか、ほとんど全編「残酷なシーン」しかなかった(笑)

 主人公は積極的に復讐に加担するとか、結構1話と別人ぽい。それでも、全体としては1話とつながった話になっているのは、「夢から出られない」というコンセプトがあればこそですよね。

 ただ、このターゲットになって惨殺される連中が「密室殺人を仕掛けた」というんだけど、その密室の作り方がぜんぜん出てこないのって脚本としてダメと違いますかね。ミステリの後ろめたさを突いてくる「虚無への供物」的な方向を狙った方がずっと面白かったと思うが。

 まあ、こういうスタイルである以上、エピソードごとの出来不出来はかなり変動しそうなので、まあ様子見かな。月曜日見るものはこれしかないし。しかし、これ売れないよなあ、きっと。こちらが心配することじゃないが。
posted by てんちょ at 01:06| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

「プリンセス・プリンシパル」#2

 正直、1話より面白かったです。小道具の使い方がすごくうまい。やっぱスパイものは小道具が命ですよね。



 プリンセスがスパイ、というだけで大ネタのアイデアと思うので、まさかチーム結成の経緯を丁寧に追ってくれるとは思いませんでしたよ。それでその経緯が予想以上に凝ってる。なんか海外では既に検証班が動いてて、さらに驚愕の事実が明らかになってた。チェンジリング作戦ってそういうことか!

 今回が結構すごいのは、アクション場面がまったくないのに、大変な緊迫感を持って見られるということですよね。どこまでが本当なのか、何がウソで何が演技なのか、というあたり、この作品のキモというべきラインでギリギリを攻めてくる演出姿勢に痺れるわけで。

 前回みたいな「NOIR」の亜流っぽいガンアクションよりは、こういう駆け引きと騙し合いこそがスパイものの醍醐味と思うので、ぜひこの路線を貫いてほしいところ。こうなると、チーム未参加のちせのエピソードが次回、ということになるのかな?

 あと、基本デスクワークでしか登場しない大人の内務チームの駆け引きがかいま見えたのも面白い。共和国チームといえど一枚岩ではなくて、一歩間違うと大戦、という緊張感は実際に冷戦時にもあったものなのですよね。そのあたりの世界観もこの先どこまで見せてくれるか楽しみ。国内ではどこまで売れるか未知数ですが、海外ではものすごくヒットしそうなので、この作品成功したかもですね。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

「ようこそ実力至上主義の教室へ」#1

 今期最後の新番組がこちら。なんか今期のハズレっぷりを象徴するような作品でしたなあ。担任教師がドヤ顔で「ようこそ実力至上主義の教室へ」と宣言してエンドタイトル、という演出のイタさに頭を抱えましたよ。



 へーえ。ふーんそうですか。授業態度が悪いと生活費が削られると。作者は若者搾取の社会への風刺のつもりなんだろうけど、そもそも高校に入ろうとするとき、そこの運営方針とか先に調べない? とことん秘密主義で隠してるんだとしたら、そんな学校警戒して誰も入らない。刑務所じゃあるまいし。入学後のホームルームで学校の運営方針のパンフが配られ、生徒がみんな「ほぉー」という顔をして聞いていたのにはびっくりしましたよ。いや、じゃあ君らなんのつもりでこの学校選んだのよ。

 生活費として月に10万円振り込まれます、全寮制で外に出てはいけません、でも成績が悪かったり生活態度が悪かったりしたら、その月の振り込みはゼロになります。餓死してください、ちなみにその設定は最初の一か月内緒です、ってたとえ寓話としても、そんな雑な設定信じられるはずがない。

 要するにこれ、殺せんせーの出てこない「暗殺教室」ですね。あっちは似た設定でも非常によく考え抜かれてたということが痛感させられます。こんなもの誰が見るんだろう。ちょっと呆れる。もちろんみません。というわけで、今期の視聴作品は10本ほどになりそう。けっきょくそういうあたりで着地するのかな、またラインナップは改めてご紹介ということで。
posted by てんちょ at 00:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

「ゲーマーズ!」#1

 あまり期待してなかったんですが、関西毎週木曜日もなんもなしの日々なので。でも意外な展開が待ってました。ちょっと意表突かれたかも。

 

 まあ、この手のオタク部活ものにはかなりウンザリしてたんで、まあダメもとのつもりでエアチェックしてみました。確かに作画はかなり雑。ああ、あまり期待できないなーと思いつつ見始めたわけですが。何の撮り得もないコミュ障の僕に学校のマドンナがお誘いをかけてきて夢のハーレム生活に! という展開になるかと思いきや。なんと主人公は「僕の趣味とは違います」とあっさり断ってしまう。

 あり得ないですよね普通。でも、ゲームをスポーツとしてとらえスポ根的な記録達成に執念を燃やすメンバーの姿を見て「あ、なんか違う」と主人公は引いてしまい、輪に入ることを拒絶してしまう。まあ、それはそれでわからないではない。オタクだからその方面には天才的なセンスがあり……というのともまた違う。あくまで我が道を行くタイプなのですね。

 しかし思いがけず袖にされたヒロインは納得いかず、クラス全員の見ている前で「告白か」と誤解させるような熱烈な勧誘の末にまたしても振られてしまう……って、なんか違うアニメになっとる(笑)泣きながら去っていくヒロインを平然と見送る主人公に、クラス全員の冷たい視線が……

 って、このアニメどうなってしまうんだか。まあひとまず次回も視聴は決定。これで作画がもうちょっと良ければねえ。でも、「このすば」みたいな低予算の味を狙っている可能性もあるので、そこは今後に期待。
posted by てんちょ at 00:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

「RWBY」#1

 なんか向こうの人たちが、日本アニメの美少女バトルを徹底的に研究して作った、という触れ込みで割と評判がよかった作品。劇場で何回かやってましたね。テレビ放映ということで「じゃあ見てみるか」とチェックしたわけですが。



 実際に見た印象としては「ゲームのムービー画面を延々見ている印象」でしたよ。ちょっと単調だし、キャラクター造形はやっぱりチャラいアメコミ風。そこはまあ仕方ないわけで、文化が混ざり合って新しい何かが生まれていればいいわけですけどね。

 結論から言うと、そこまでのものはないです。ちょっと見ていてつらかった。結局どっちつかずだし、われわれが魅力を感じているのもキャラクターデザインよりはストーリー部分が実は大きいことを痛感しました。

 アクションシーンはそれなりによく研究されてて面白いけど、それだけではダメということですね。ちょっと期待していたので残念。
posted by てんちょ at 00:14| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

「NEW GAME!!」#2

 いやー2期は見ないつもりだったんですけどねー今期はあまりにも死屍累々なので見ることになりそう。



 なんだかんだいって丁寧によくできてるし。キャラの作りこみもいい。まあ、そこにプラスアルファが特にないのが問題と言えば問題ではあるんですが。

 2期目はもうキャラが固まってしまっているので、さらにどう展開するかというのが見るポイントではあります。ちょっと厄介といえば厄介ですね。そのあたりは、まあ今後、注目ポイントではありますが。

 火曜日は結構いろいろあるから観れないだろうなと思ってたんですけどもねえ。この作品みたいに写実をちゃんとやるということだけでも結構きちんとしてないとできないんですね。しみじみと実感。なんか本当、プラスアルファがあるといいんだけど。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

「18if」#1

 スマホのパズルゲームが原作だそうですが、観たところ、ほとんど限りなくオリジナルに近いですね。あの90年代には伝説だったアニメ監督森本晃司の久々の監督作品。いや総監修なる妙な立ち位置。どうやらコンセプトだけ作って、各話演出に投げる形式らしい。でも結果として、かなり森本カラーの強い作品になってますね。



 なんかねえ。スタジオ4℃設立時には、なんかすごいことが始まる感があったなあ、となつかしく思い出してみたり。でもこの人、今回wikiで見返してみたら、時折思い出したように短編かPVを作るだけで、まとまった代表作といえるものがないんですわ。それなのに、作る作品がなぜかいつも海外で賞取って大ウケするので、忘れられることなく今日まで来てしまった感じみたい。

 ある意味、今回の作品でも、超省エネなタッチしかしてないようなのに、しっかり存在感だけは見せていってる。ズルいや。そういう人なんですねつまり。まあ、それでも無個性化した他の深夜アニメに比べればめちゃくちゃアクが強くて個性的で、これぞ深夜という感じ、しかも5分とか10分とかじゃなくてしっかり30分。ある意味パズル原作という設定をうまく利用している感じですね。

 いっぱい何かを語ろうとしすぎて沈没する作品が多い中にあって、ここまで何も語らない作品もある意味珍しいといえば珍しい。もちろん視聴決定です。ディスクはさほど売れないんだろうけど、また海外でバカ売れして賞なんか取って、箔がつくんだろうねえ。

 それも仕方ない、そういう人なんだってことで。ストーリーも画面デザインも演出も、実にスタイリッシュで個性的。あれ、各話演出に投げてるはずなのに……そこが森本晃司ならではか。
posted by てんちょ at 00:13| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

「プリンセス・プリンシパル」#1

 なんと久々に真下テイスト、ガンアクションの系譜を受け継ぐ作品の登場です。キャラクターデザインがあまりにも軽かったんで、さほど期待はしていなかったんですが、なかなか本格派のスパイ活劇で、少なくとも第1話は合格点と言っていいんじゃないでしょうか。



 ロンドンが東西に分割されたパラレルワールドで、王党派と民主派が争う、という構図はなかなかいいですね。そしてスチームパンクなガジェットが満載で、反重力装置が開発されているというアンバランスな世界が面白い。

 大人たちは普通にシリアスなキャラクターデザインなのに、主役の少女たちはいかにも幼女ないでたちというのは少々違和感が強い。おそらくは悲壮感を出すためなんでしょうが、やや冒険しすぎな気がしないでもない。

 ただ、お気楽な正義の味方ではなくて、嘘に固められた非情なスパイの世界を、ハードボイルドタッチで描くという心意気は大いに支持します。これでキャラクターデザインがもっとシリアスだったら言うことなかったんだけどなあ。ただ、このいたいけな少女たちが「嘘よ、嘘よ」と言いながら平然と保護対象者を射殺してしまう展開のシリアスさは大変に良かった。たいていそういうところで甘さが出てしまうものなので、あくまで非情を貫く思い切りの良さは大変すばらしい。

 SFとミステリ・アクションの配分比率もすばらしいし、保険という思いがけない粋なオチも見事でした。とりあえず今期のディスク保存はこれになるかな。ひとまず失速しないことを祈りつつ。なんといってもこれオリジナルなんですから。
posted by てんちょ at 00:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

「サクラクエスト」#14

 新番組ラッシュが続いていますが、その一方で今期は2クール作品もそれなりにありまして。まあ、だから次々コケても大丈夫といえば大丈夫ではあるんですが。



 というわけでOPも一新。新クールに入ったんだなあと改めて実感します。そして新クールはなんと国王たちの夏休み風景から。いきなりそれかい、という気もしますが、実家で別の田舎を見ることで、地域起こしへの思いを新たに、というところですかね。しかし国王の実家、これどこだろう。茨城?

 そして妹が聞き覚えのある声だなあと思ってたら、あやっぺだった(笑)あいかわらず中学生ぐらいの声は余裕で行けますね。

 そして間野山の方では今はやりの民泊プランを検討する動きが……って、その「安産」軍団なに? という衝撃のエンディング。ずいぶん妙なところでバッサリ行きましたね(^^;
posted by てんちょ at 00:03| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

「メイドインアビス」#1

 原作はゲームだとばかり思ってましたけど、なんとアニメとは。なんかなかむらたかし風の個性ゴリゴリのキャラクターデザインはどうかな。まあ慣れたらいいんですが、今後次第かな。



 古くて新しい、底なしの穴に吸い寄せられた冒険者たちという設定は確かに王道でいい。ちょっとゲーム臭いですが、冒険者そのものではなく、その子供世代というあたりがミソですかね。なんとなく宮崎駿っぽいものも感じましたが、これだけ違うキャラクターデザインだと別物として感じられるのはうまいかもしれない。

 いや、実際よーくみるとナウシカとラピュタを足して二で割ったっぽい。ロボットの少年はたぶんラピュタのロボットの役回りですが、ちゃんとしゃべれてでも記憶をなくしているというあたりがオリジナル。王道展開と新味をどう交えていくか、それはこの先次第なので、まあ様子見でしょうか。今期は本当に見るものがなくて困っていまして、金曜日はこれ以外何も残らなそうなので、とりあえず視聴決定。見続けられるといいですねえ。

 よく考えると宮崎駿の垂直世界論理をこの作品も継承しているのですよね。案外マネできそうで難しいのが宮崎イズムなのですがさて。健闘を祈ります。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

「アホガール」「徒然チルドレン」#1

 ひとつの枠を2作品で等分する。割と今後のありかたとしていい線かもしれません。分割不可まとめ売りの「MANPA」や「ウルトラスーパーアニメタイム」はエアチェック時に不便なので、こういう風に「お好きな方だけどうぞ」とやってもらえると、とてもありがたい。

 案の定、評価は正反対に別れました。まあどちらも15分で助かったという感じですが。
「アホガール」


 こっちは「まだ終わんないのか」と見ながらイライラしてしまった。15分が死ぬほど長く感じましたよ。いやだって、主人公がヒロインをひたすら殴り続けている番組だから、見ていてとてもイヤな気分になるし。確かにまあ図々しい子だなとは思うけど、ここまで本気でブン殴られるようなことはしていない。殴るシーンの作画が本気すぎて、ほとんどDVアニメになってしまってますよ。イラッとするから殴る、ってそれ、DV男の論理。殴られてもヒロインがケロっとしてるんなら、まだギャグアニメとして成立すると思うんだけど、深刻にダメージ受けてるよ! さすがにこれは引く。視聴しません。

「徒然チルドレン」


 「恋愛わんこそばアニメ」と評しているネットの書き込みに爆笑してしまった。まさにその通り。いろんなバリエーション、いろんな組み合わせのカップルコントを延々見せる展開なのですが、割とテンプレートを巧妙に外してくるので笑ってしまう。

 衝撃を受けたのが冒頭の高瀬×神田コンビで、校舎の隅に好きな子に呼び出されて「さあ告白だ」という展開。これだけ男の「うれしい」コメントが積み重なった後だと「あー別に好きな男がいて相談されたんだなー」と察していたら、さにあらず。雪の中、かれこれ10分結論を引きのばして待たされ、凍死しそうになるわ、挙げ句「好きな子いる?」と聞かれ「お前だ」と答えたら相手の告白を横取りする展開になるんじゃないかと悩むという、君らどうにも真面目すぎ。しかしこの展開は新しい。それで「好きな子がいるのかいないのか誰なのか」と延々もめた挙句、翌日に引き延ばして

「明日はちゃんと好きって言うから!」

 とサワヤカな別れのひとこと。これはさすがに吹きました。いや新しい、新しすぎる。というわけで視聴決定第一号はこの作品に。新しいな。あと、鬼畜生徒会長とヤンキー少女のシュールなキスコントも絶品。声優の演技と会話の応酬をうまく生かしているし、低予算でも楽しめる、なかなかの秀作となりそう。期待してます。あっちゃん出ないかなあ。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

「正解するカド」#12(終)

 とりあえず、野崎まどには、SFファンの期待値を吊り上げた責任をとって謝ってほしい。



 最終回まで見ての結論は2点ですね。100点満点で。あんだけ期待値を吊り上げておいて、最後の最後は痴情のもつれの果ての三角関係オチって、どんな安い三文パルプ小説でも今時ないぞそんなの。しかも主人公の最後の切り札が、自分と沙羅華の間に出来た子供って…… そりゃあびっくりしたけど、それは「今時そんな安易な手段で締めるとは思いもよらんかった」からであって(^^;

 最初のカド出現時の異質さと埼玉までゴロゴロ転がしていく壮大さは、この作品のクライマックスでしたけど、本当にそこまででしたね。侵略SFだって今時「相手をやっつけておわり」なんてオチはないぞ。ましてやこれはファーストコンタクトSFなんだから「なかったこと」オチなんてありえないでしょう。あと、これだけの騒ぎを地球規模で引き越して何も残らなかったら、首相は責任取って辞めるべきだろう。なんか「うまいこと言ったつもりか」的なこと言ってますが。

 いや本当まったくまったくもって残念ですよ。ここまで費やした時間返して! 
posted by てんちょ at 00:48| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

「ナイツ&マジック」#1

 というわけで、今期はこの作品からスタート。いや関西スタートはこれじゃないんですが、とにかく今期は外れが多く、いまのところ一本も視聴が決まっていません。こんなことは初めて。いや、ヒドいな。



 この作品は、いくらかマシといえばマシですが、制作側が気合入れて告知しまくるほどの出来とは思えません。特にロボットアニメって絶対失速するし。そもそもラノベ名物転生ものって、この部分必要? という感じ。最初にその設定が伏せられて「なんだこの記憶?」というフラッシュバックをたびたび経験する中で明かされていくというのなら別ですが、一種の願望充足でしかないですよねラノベの転生というやつは。

 しかもこの作品は、名家の美少年に転生すると。よかったねえ(棒)そしてやっぱり設定はSFとファンタジーのキメラで、いろいろ都合がよすぎて妄想臭がかなり濃厚に漂っている。

 それよりもなによりも、大量のナレーションと説明セリフで強引に繋いで駆け足に進む下手くそな演出が見ていられない。80年代のアニメでもここまでヒドいものは少なかったと思いますよ。昔は予算も少なく制約は多かったから、こういう強引な演出が渋々取られたものですけど、今それをやるのはただの下手でしょう。

 こんなものをまっさきに見せられたらゲンナリするに決まっているわけで。キャラクターも非常に投げやりな形でボコボコと出てきて、主人公の陣営に加わっていくという、これまたあまりうまくないやり方。

 そろそろ粗製乱造のツケがまわってきてるんでしょうか。今期はそもそも視聴検討のために見ることにしている作品だけで10本を切るありさま。まあ、前期から継続が3本もあるので、だからといって見るものがなくなるわけではないんですけどね。ちょっと心配といえば心配です。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする