2012年10月19日

今期のアニメ視聴が確定

 ようやく関西でも新番組が出揃い、だいたいの顔ぶれか決定しました。

月曜 ひだまりスケッチハニカム

火曜 となりの怪物くん/ハヤテのごとく!CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU/サイコパス/ROBOTICS;NOTES

水曜 中二病でも恋がしたい!

木曜 絶園のテンペスト

金曜 神様はじめました

土曜 ソードアート・オンライン/ジュエルペット きら★デコッ!(ともに継続)

日曜 マギ

 不思議なもので、今期も全部で11本。なんかそういうあたりに落ち着くものであるようです。あんなに作品が押し合いへし合いだった月曜がきれいに消え去り、火曜が変わって大ラッシュに。今後よほどつまらなければ「ハヤテ」は切るかもしれません。もともとこのシリーズ好きなので、できれば避けたいんだけど…それぐらい今のところガッカリにつまらない。

 まあ今期はあと「ウラシマン」「ゴールドライタン」を見なきゃならんのが結構キツいですが、これは絶対なので仕方ないですね。しかし、ネット一週間限定視聴はキツいですね。

 見ている作品・やめた作品、まだまだありますね。順次紹介していきます。
posted by てんちょ at 02:11| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

そろそろ10月アニメのチェックをしないといけないのですが

 なんか今期は本当に多そうですねえ。えーと44本??

http://homepage1.nifty.com/chaki-el/anime/tv/index.html#201210

 まあ、あからさまに我々お呼びでない子ども向けとかフォローしてない続編とかバサバサ落としていったとしても、25本ぐらいはチェックする羽目になるのか。でもこの作業をしておかないと後々後悔するので…

 今期は「ノイタミナ」の2本がなんとも楽しみですね。あとは「絶園のテンペスト」とか「ハヤテ」のリメイクとか。まあ、前評判の期待はたいてい外れるんですけどね。そして、思いもつかないような作品を見ていくことになるんだと思う。
posted by てんちょ at 03:33| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

引越しの荷解きがまだ終わりません…

 もう転居して半月たつんだけどなー

 まさかまだ荷物残ってるとは思わなかったよ。明日休みだからラストスパート、いくらなんでもそろそろ通常体制になれるようにしたい。

 まあ、今までは「家が狭いから」と段ボールにしまいこむ一方だった荷物を徹底的に箱から出していってるわけですから。そりゃあ時間もかかるかなあ。

 自分が持ってる本の量が初めて物理的に実感できました。うーん…ちょっと売るか…
posted by てんちょ at 03:46| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

夏コミ終了

 というわけでただいまー

 いやー暑かったですね。東京。ずーっと曇天だったにもかかわらず非常にムシムシしてました。

 今回は一泊二日で行ったんですが、思うところあってコミケ会場に直行せず、フィルムセンターの今井正特集を見てから会場へ。それでも結構なんとかなりましたあんなに早く行く必要なかったのか(^^;

 フィルムセンターの件は別に報告させていただくとして。

 翌日は出店していたので朝から会場へ。来て頂いたみなさん多謝。よくまあ間に合ったものだと思います。

 表紙を描いていただいてる破雲泥さん曰く

「今回ばかりは落とすと思った」

 いや、ごもっとも。それなのにあれもこれもと盛り込みすぎたと反省してます。狭く深くがやっぱりうちの味ですよね。次回はどうしたものか。社長の新作は当分なさそうだけど…ちょっと考えてみるか。

 何にしてもみなさん本当、おつかれさまでした。
posted by てんちょ at 02:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

本日からコミケ

皆様

 コミケ参加のため本日旅立ちます。

 12日(日)東T35a「MP」でお会いしましょう

 ようやくぎりぎり今回も新刊間に合いました。今回はへうげもの増補とニャル子さん、氷菓となかなかもりだくさん。んで、表紙はこうなりました(^^;

ニャル子軽.jpg

 例によってイラストは破雲泥さん。多謝!いつも本当インパクトすごくて助かってます

 そしてこちらも恒例になりました裏表紙。

ベントスニャル子軽.jpg

これまたにぎやかで楽しい。こちらはベントスさん。本当に感謝です。

 ではでは、みなさんコミケ会場にて会いましょう。暑そうだなぁ(^^;
posted by てんちょ at 02:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

とりあえず環境設定

 ようやくネット接続の環境が整いました。

 けっこうめんどくさかったなあ

 とりあえず明日から普通に出勤ですが、まだまだ段ボール箱だらけです(^^;
posted by てんちょ at 02:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

とりあえず新居到着

 引越し業者の到着が遅れてCATV業者と間に合わずデッドヒートになってしまったり、いろいろと大変でした。疲れたー

 もう寝ます。本当、マジで一週間ぐらいはきちんと更新できなさそう(−−;

 落ち着くまでにはしばらくかかりそう。こんなに荷物があったのか…なんて実感してみたりして
posted by てんちょ at 00:27| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

目下、引越し作業中

 ブログが、ではありません。リアルて引越します。ただし仕事の都合ではなく、実生活の都合で。隣町に転居することになり、うちの家族と二人でせっせと箱詰め中。

 その一方で夏コミ準備もしてまして、いやーきわどいな(^^;

 でもまあ何かはお目にかけられるかと。

 たぶん、引越しが一段落する八月に入って以降は、日記の間隔が間遠になるかもですが、ご容赦を。

 それにしても引越しにむかないシーズンの転居になってしまいましたよ(^^;
posted by てんちょ at 02:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

暑いと忙しいし書いた記事飛ぶし(^^;

 とはいえ、ここまで皆勤賞で来ているので、今月はなんとかのり切りたい。というわけで、短信だけでもアップしておきましょう。今日ふっとんだネタはまた明日…

 なんかぐったりー(^^;

 まあ、これだけ忙しいとちょっと無理ですわ。すんません。

 あ、それにしてもサッカー、スペインに勝ったか!ちょっとびっくり。
posted by てんちょ at 04:09| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

「カンピオーネ」「恋と選挙とチョコレート」「だから僕はHができない」「はぐれ勇者の鬼畜美学」

 それでは視聴断念作品まとめて評第二弾。

 「カンピオーネ!」



 「ドラゴンクライシス!」みたいな感じですかね。いわゆる考古学を装った宝探し活劇ていうか。まあ、それなりに丁寧にはできているんですが、みんなどこかで見たような設定ばかりで、しかも女性キャラが非常に書き割り的。まあ無理に見るほどではないよなあ。

「恋と選挙とチョコレート」



 確かに選挙という設定は面白い。ただ、あまりにもキャラクターが書き割り的だし、ストーリーは恋愛ゲームのシナリオそのもの。アヴァンタイトルは緊迫感があって面白かったのに、続きませんねえ。最近そういうのが多い気がする。

「だから僕はHがてきない」



 タイトルそのものほど露骨にエロを狙ってきているわけではなくて、割と品がいい展開なのはまあ、評価してもいいでしょう。ただ、ストーリーが進むにつれて、やっぱりただ不快なセクハラ男に堕している気がする。このタイトルなら、内容を裏切らないと意味がないわけで。そのあたりやや安直だったんではないだろうか。

「はぐれ勇者の鬼畜美学」



 こちらもまあ、似たような感じ。ファンタジー世界ではなくて現実世界に戻った後の話だというのはやや面白いけど、もうひとおしふたおし、何かが足りない気がする。
posted by てんちょ at 03:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

「うぽって!」「超訳百人一首」「アルカナ・ファミリア」

 以上三本、すべて視聴断念です。どんどん続くのでここで短く報告。

 「うぽって!」

 

 いや、パッと見には悪くなさそうだったんだけどなあ。ただ、擬人化した銃が銃を撃ってるというのが意味がわからない。ちょっと適当すぎるだろう。結局銃も出したい女の子も出したいということで破綻してる気がする。ミリオタのわがままなんでしょうが、私はミリオタではないので「うーん」です

「超訳百人一首」



 キャラデザが「三十歳の保健体育」そのもので中身もかなり適当だったので、Aパートで切りました。誰に向けて作ったんだろう。

「アルカナ・ファミリア」



 まあ、ゴッドファーザーの乙女ゲー版ですか。ジャンプ大好きの女の人には受けるのかな。しかし男子キャラがあまりに類型的だし、そもそも「オレが勝ったらお前と結婚しない、って約束する」と言われるのは、たとえタイプじゃないとしても女性としてうれしいだろうか。
posted by てんちょ at 03:42| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

「ジュエルペット きらデ★デコッ!」#12

 今回もジュエル探しネタなし。大丈夫か、地球、大丈夫か、この番組(^^;まあ、次回は少し進展する模様。信じよう(笑)



 まあ、みどりの成長ストーリーとしては、なかなかよくできてましたけどね。今までのジュエルペットのキャラ設定はメイン以外は本当にチャラなんですね。まったくの別人ばっかだ。あ、人じゃないや。

 とはいえそこは森脇演出。エビの上にイクラをデコるという正体不明の特訓があったりして。しかもそれが律儀に伏線になっていたりする無駄な細かさも魅力のひとつと言えますかね(^^;

 それにしても、ジャスパーが保安官なら、自宅警備員たちはいったい何なのだろう…しかもそのことに誰もツッこまない。おそるべしジュエルランド。
 
posted by てんちょ at 00:40| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

夏コミ受かりました

 えーと、いまさらですが。夏コミ受かりました。

8月12日(日)東地区T35a「MP」

 おお、今回も東地区か。助かった。西地区だとがたっと売れ行き落ちますんでねえ。前回のも少し持って行くかな。

111215MP16表紙r.jpg

 たぶん「へうげもの」の総括と、「ニャル子さん」あたりやると思います。なんとなく今夏も落ちるんじゃないかと思っていたので、ちょっと慌ててます(^^;まあ、まだ時間あるからね。とか言ってると、あっという間に期日が迫ってきてしまうんでしょうが…がんばります
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

金冠日食見た

 いやあ、みなさん見れましたか。ダメかと思っていたけど、奇跡的にうちの地方では晴れました。あの後曇天になってしまったから余計ギリギリ感がありました。ここんとこ前回の月食除いて天候に恵まれない例が多かったですからねえ。

 何気なく作った指の輪とか襟の隙間から漏れる光がみんな三日月型になったのはなんか感動。

 あと、例によって義母と一緒に見たんですが、私の太陽眼鏡は雑誌のオマケの450円、義母のは高級品の2000円。

 えーと、こんなに違うんや(^^;キャデラックとファミリアぐらい違うな。2000円眼鏡のクリアさに何か感動。あと、ネットでみんな言ってたけど、

 「結構ちっちゃい」
posted by てんちょ at 02:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

「咲 阿知賀編」「Fate/Zero」

 どちらも続編。正確に言うなら番外編とストーリーの後半ですが…というわけで迷わず視聴決定。

 ただし、咲は荒唐無稽なキャラ設定が魅力なので、どこまで面白さが引き出せるか今後の様子見ですね。個人的にはどうせ番外編なら敦賀が見たかったけど。咲−Saki− 阿知賀編 episode of side−A 第一局 [Blu-ray] / ...

咲−Saki− 阿知賀編 episode of side−A 第一局 [Blu-ray] / 小野学 (監督)

 まあ、確かにこの作品、主人公は強すぎてどうでもよくなってしまっているので…ライバルたちを掘り下げていくというのは正しいやり方なのかもしれない。

 「Fate/Zero」は、例によっておっさんたちの壮大な謀略合戦がすばらしい。ひさびさに見てて「やっぱいいなあ」と思いましたよ。とにかくスケールのでかさ、アクションの派手さが半端じゃない。美少女だけがアニメじゃない。オヤジたちは描き方によっては大いに輝くのですね。

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box T / 小山力也, 川澄綾子 (出演...

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box T / 小山力也, 川澄綾子 (出演); あおきえい (監督)

 前回放映分は慎重を期してBOXセットのみの販売としたらアホみたいに売れたそうで…まあ気持ちは判らないではないけど、みんなお金持ちですなあ(^^;
posted by てんちょ at 02:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

「未来日記」総括

いま最終回、京都テレビのリアルタイム視聴で見終わりました。うーんこれは。なんというか。

【Amazon.co.jp限定】未来日記 Blu-ray限定版 第一巻(お休みユッキーシール付...

【Amazon.co.jp限定】未来日記 Blu-ray限定版 第一巻(お休みユッキーシール付き) / 富樫美鈴, 村田知沙, 土門仁, 田中正彦, 真田アサミ (出演); 細田直人 (監督)

 実はこの作品、結構なんだかんだいって好きだったんですよ。奇想天外なバトルの面白さもさることながら、ユッキーと由乃の愛憎が絡み合うリアルな男女関係がすごく共感できたので。まあ殺し合いというのは極端にしても、依存と支配、利用と打算が絡み合う生々しい男女関係を超えた向こうから見えてくる「それでも」という感情、何かわかるよなあ、と。異性と付き合う大変さがすっごくよく出てました。まあ、だから特に興味がない人は無理に異性とお付き合いしなくてもいいんじゃないか〜というのが私の意見。本当、大変だから(^^;

 だからこそ、結構最後の盛り上がりには結構ジーンとしてたのに

 「え゛ー」

 ですよね。「新プロジェクト」って何(笑)原作はあと数ページだけ残ってて結構ご都合主義的だけどいい感じの結末がついてるらしいのに。DVDで1話足すの?それとも劇場版?何にしても蛇足になりそうだなあ…かなり台無しな気分(^^;

posted by てんちょ at 02:40| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

「戦国コレクション」

 アイデアは面白いと思ったんですよ。戦国武将が雨あられと空から降ってきて暮らしている世界の話、って円城塔の「オブ・ザ・ベースボール」かっての。いや、円城塔の作品はそんなんではないですが人が降ってくる町というとこだけ合致してる(^^;

オブ・ザ・ベースボール

オブ・ザ・ベースボール

そういや文庫版出ましたなーってそういう話ではなくて(^^;

 なんか微妙にゆるい話だったなあ。名前だけ信長だけどらしさは欠片もないフリフリでヒラヒラのツンデレ少女が偶然会った男とつかの間イチャつくだけ、という。

 しかも作画が壮絶にひどかった。背景はモヤモヤのデッサン、ヒロインの信長だけは気合入って描かれてますが、あとのモブキャラどころか相手方の男すら落書き同然で、呆然とするほどクオリティが低い。平均点がやたら上がっている近年の深夜アニメの中では、飛びぬけたダメさ加減でしたよ。

 アイデアは面白そうだったのに本当、残念。
posted by てんちょ at 03:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

「めだかボックス」

 私はラノベを嫌悪している人間ですが、西尾維新に才能があるということは認めています。実際、彼の言葉遊びへの執着は、ラノベの表現作法に結構よく似合っている。言葉遊びの面白さを重視する人間としては、こういう若い作家が出てきたことは認めるべきだと思う。

めだかボックス(1)

めだかボックス(1)

 でも、じゃあマンガの原作させて面白いかというとそれは判らないし、よしんばそれが売れたとしても、アニメ化して面白いかというとさらに保証の限りではない。

 やはり新房監督の演出方法と西尾節がぴたりと合ったのはまったくの「たまたま」だったということなんだろうなあ。まあ二人とも言語に執着する側面はあるわけですが。

 それではそれとは別のアニメスタジオに任せたらどうなるか。これがその結論です。初見の印象

「イラッ」

 まさしくそんな感じ。こんな馬鹿げたヒロインいるわけない、こんな馬鹿げた設定成り立つわけがない。不自然さばかりが鼻につき、見ていて不快さが募る羽目となりました。そもそもヒロインめだかの眼がイッてしまってて、頭のおかしい女にしか見えない。少なくとも誰にも好かれる神のような女にはまったく見えなかったですね。

 こういう馬鹿げた設定がいけないと言うのではなくて、そこをあたかもちっともおかしくないように騙してみせるところが演出家の腕の見せ所であるはず。実際「化物語」や「刀語」ではそれがきちんとなされていたわけで。これはアニメスタッフが責を負うべきところなのでしょう。私のよう門外漢をも騙せてこそより多くの眼に触れるアニメの演出家として合格であるはず。

 原作ファンはいざ知らず、西尾ファンでも原作ファンでもない一般視聴者がこれを納得して喜んでみるかというと極めてあやしい。むしろ「これだからラノベはダメだ」と言われかねないですね。いや、原作ラノベじゃなくてマンガ原作なんだけど。ならば尚更のこと。

 結構期待してたので残念です。
posted by てんちょ at 00:46| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

「Pinaピナ・バウシュ踊り続けるいのち」

 結局のところ、3D映画って何なんだろうと思う昨今。映画がトーキーになったとき、カラーになったとき、というのはまだ判る。映画は現実と違うからこそ表現として成立するはずなんだけど、その一方で現実を記録するものでもあるから、限りなく現実に近づこうとする欲望も併せ持つ。

 でも、いま世間をにぎわせている3Dって本当に必要なんだろうか?そもそも映画料金が1.5倍になってもいいほどに必要なもんだろうか?そんなことを考えてしまったこの作品。ハリウッドの大作ではなく、ドイツを代表する巨匠ヴィム・ヴェンダースのアートフィルムでしかもドキュメンタリー!!3Dなのに。



 そもそもそれが「驚き」として感じられることが、いかに3Dが「見世物」でしかない現状を追認しているかを痛感せざるをえません。それぐらい3Dはなくても誰も困らない「オマケ」でしかない。もちろんヴェンダースはそういう状況を変えたくてあえてこの作品を撮ったんだろうけど…

 ドイツの天才舞踏家ピナ・バウシュのパフォーマンスを立体映像として再現しようとする試みは確かに野心的。同じアートフィルム系でもヘルツウォークの「洞窟壁画」よりははるかに志の高さを感じます(そういう映画もあるんですよ、あっという間に終わったけど・笑)。

 でも、実際に104分の映像を見て何を感じるのかというと「すごく疲れた」という思い。いや確かに屋外や劇場を自在に駆け巡り前後左右に乱舞するダンサーたちの姿は圧倒されます。ただ、それを立体視でおいかけなければならないとなると、はっきりいって視覚に負担が大きすぎる。

 そしてしみじみと感じるのは「実際にはこんな風に見えやしない」ということなのです。確かに膨大なダンサーたちの群舞は3Dで見るとすごい。遠くのダンサーと近くのダンサーの距離差がびっくりするほどくっきり見える。でも、普通に舞台で見る時は、もっと群集がグチャグチャになって距離感がつかめないはず。つまり、実際に見える以上に立体に見えるわけで、その結果疲労困憊してしまう。

 結局のところ3Dって何だろう。これ、本当に必要なものなんだろうか。これがこの作品を見て一番に感じることなのでした。

 大雑把にいえば映画が発明されてからトーキーになるまで30年、カラーになるまでまた30年。あ、これは発明ではなくて「だいたい普及する」までの年代で数えてます。しかしそこから今回の3D騒動まではなんと50年かかってます。もちろんその間何の動きもなかったわけではなくて、それこそ数限りない立体映画の試みがなされていますが、皆あえなく討ち死にしています。赤白メガネやらシネラマ画面やら…ヒッチコックの「ダイヤルMを回せ」が実は3D撮影されていたというのは映画のちょっとした豆知識。でも実際に上映されるのはいまや2Dのみ。

 確かに今回の3Dはいままでで一番よくできていることは認めます。しかしそのことから気付かされるのは、「我々は常に正面を向いてマジメに映画画面を凝視しているわけではない」ということ。首を傾けて片目で見たり眼の端で見たり、いろいろやってる。ところが3Dメガネをかけてそれをやるととたんに画面がちらつき出しておかしくなる。

 たぶん、今回も3D映画は討ち死にするでしょう。我々はそこまでマジメに映像を凝視できないから。疲れてメガネを取ると多少画面はぼやけるけど、それほど不都合は感じない。本当、やっぱり必要ない。
posted by てんちょ at 03:01| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

実は現在旅行中

だけど自動更新で書き込みができるか、テスト中。

というわけで、レス遅れてますし、連絡もできません。

現在家族旅行中。帰宅は月曜日です。ごめんね〜

でも更新は続いている…はず(^^;
posted by てんちょ at 02:44| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

あけましておめでとうございます

 今年もスタートしました。

 穏やかな年であるといいですね。

 あ、もちろん社長が活躍してくれるとなおうれしい。まあ、3クールもやった後だと今年は休みそうな気がしないでもないけど(^^;ひさびさにオリジナルのSFものが見たいですね。北山さん、黒田さん、梶浦さん、江原さん・久川さんとおなじみの面々と組んで。
posted by てんちょ at 03:45| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

冬コミ終了

 おいでいただいたみなさんありがとうございました。今回は例年になく好調でした。創作・評論系各サークルみなそうだったらしい。ずっとこの配置で行ってくれないかな(オイ)

 柚枝さん、あと一歩で間に合わなくてすみません。取り置いておこうかと迷っていたら売れてしまった。年明けに送りますのでご送付先教えてください。MPは午後1時半にあと3部までこぎつけたんだけど、そこから一時間で1部しか売れなかったので早めに見切りをつけて過去最速の2時半で撤収。後で来られた方がいたら申し訳ない。

 ポールさんおつかれさま、久々にゆっくり話せて楽しかったです。トゥディさんもお手伝いありがとう、次からは余裕持って家を出ましょう(^^;まあコミケでのすれ違いはお互い様だから気にしなくていいけど、教訓は次に生かす、これ大事です。

 破雲泥さん、いつもお世話になってます。本当に表紙は感謝感謝です。インパクトすさまじい。ベントスさんもありがとうございました。次はお会いできるといいですね。

 それでは皆様よいお年を…来年もよろしくお願いします。

 あ、7年ぶりに紅が勝ったのか。AKB効果すげえ(^^;
 
posted by てんちょ at 23:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

きょうから冬コミ

 よーやく仕事収め。本日から参加です。最近では珍しく一泊二日取れましたよー

 今回はまどかの本来の開催日をようやく見物できそうです。まあ、ぼちぼちの時刻に行きますので落穂ひろいかもーですが(^^;

 ようやく売り物のホチキス止めも終え、出陣準備完了です。

 今回はMPがへうげものとピングドラムの特集、そして前回出したまどか論本が少し残ってますんで、持っていきますね。未入手の方はお早めにどうぞ。ではでは会場にてお会いしましょう!
posted by てんちょ at 02:21| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

冬コミ準備完了

クリスマスは義母と鍋つついてました。なんでやねん(^^;まあ、家族サービスの一環てことで。

 ごぶさたしてしまいました。ようやく冬コミ新刊準備もほぼ完了です。

 破雲泥さんの今回の表紙はこちら。おおーすばらしい。

111215MP16表紙r.jpg

 いつもより4ページ増量ですがお値段は据え置き300円。

土曜日 東地区“P”ブロック−29b 「MP」

 にて皆様のおいでをお待ちしております。あ、ポールさんの新刊も置く予定。ポールさんファンの方もこちらへどうぞ。ではでは、大晦日の慌しい中ではありますが、コミケ会場にてお会いしましょう。

 さて、あとは年賀状だな(^^;
posted by てんちょ at 02:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

月食見た

 寒かった〜

 でも全国的に晴れたみたいですね。

 皆既月食を見るのは初めて。なんか感動。

 写真撮っておけばよかった。
posted by てんちょ at 02:39| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする