2021年02月10日

「異世界ピクニック」#6

 まあ、軍隊は無能だったということで、まあまあよしとするかな。



 ちょっと二人が手慣れた手つきで銃を使いすぎですけどね。一発では当たらず、「もうちょっと下」とか、ちょっとずつ合わせていく感覚は大変によい感じ。

 あと、電車の前に飛び出して、一瞬ぎゅっとつかむことで、出口を見出すとか、目と手の共同作戦がなかなかうまく生きてます。本当、このあたり原作でみてもぜんぜん印象に残らなかったところなので、アニメ版で観られて大変にうれしい。というかこの原作なんなんだろう。どうして売れたのかさっぱりわからん。

 アニメ版の原作としては、とってもよい素材だったとは思うんですけどね。ビジュアル的に見せると、ここまで盛り上がるとは思わなかったなあ。本当はSFファンとしては、活字としてもちゃんと盛り上がるものが読みたいと思うんですけどね。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: