2021年02月07日

「約束のネバーランド SEASON2」#5

 あれから半年。裏をかいて、鬼の集落の外れの神殿で暮らすハウスの子供たち。全編びっくりするほど輝度の低い画像で、投射で観るには少々辛かったです。



 ただ、今回はなかなかの重要回で、いろいろなことがわかりました。なぜ、鬼は人を食べるのか。それは、食べないと体が退化してしまうから。うまいから、じゃなかったのかーどちらかというと薬膳だったんですね。結果として、どんどん馬みたいとかケモノみたいに身体が変形していってしまうので、いろんな形の鬼がいるというわけですね。

 そして、今回のキーキャラクターである鬼のコンビは、退化しつつある妹たちを助けたくて、エマたちを襲うんですが…… あっけなく殺されて終わり。ある意味、やられ役にも彼らなりの世界があることを示す、この作品の誠実さを示す回となりました。そういう意味でも、第二期の方かが、断然面白い。だってこれ、この段階ではどういう結末になるのか、まったく読めないですものね。

 そして、いよいよ追い詰められてしまったエマたち……と思いきや、そこに現れたのは。やっぱり生きてたか、アンタ。
posted by てんちょ at 12:09| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: