2021年02月04日

「怪物事変」#4

 なんかあまりにも夏羽が万能すぎて、主人公として影が薄くなってきた。たしかにストーリーはサクサク進むんですけどね。



 なんと今回は、1エピソードで2事件解決。有能すぎるだろ! まあ、陰神は、わかってて便利に使いまわしているっぽいですが。そして紺は、前半で夏羽の首をもらうという空約束をあっさり信じて、化かされて帰るアホの子ぶりを発揮。めずらしいぞ今時。なんとなく、仲間になるっぽくはありますが、だいじょうぶかなこいつ。まあその屈折ぶりが面白くはありますが。

 そして後半は、なんで事務所にいるのかよくわからない男の娘・晶にスポットが。別に実は強いけど隠してるとかではなくて、本当に怖いのもグロいのも苦手だったのね。それでも、がんばる姿はなかなかにいじらしくて、これはキャラとして人気が出そうだなあ。

 つまり前半も後半も、別のキャラを見せるための引き立て役として夏羽が便利につかわれている印象。まあ悪くはないですけどねえ。強ければ強いほど、印象が薄くなるというのも、ある意味ちょっと新しくはある(^^;
posted by てんちょ at 02:14| 大阪 | Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: