2021年01月27日

「裏世界ピクニック」#4

 「裏社会ピクニック」に空目してしまう昨今。だんだんファーストコンタクト感が増してきたのがうれしいところ。



 そうそう、本来はこういうストーリーなんだっけ。恐怖でコンタクトをかけてくる異世界の知的存在、という設定が実に面白いんだけど、表層的にはひたすら百合しまくる。まあだからこそ売れるんだろうけどなんだかなあ。

 こうやってビジュアルになった姿を見ると「こっちの方が面白いと自信をもって言える」というのは、SFファンとして喜ぶべきことなのか悲しむべきことなのか。原作を読んでいるのに、あまり好きではなくて、モヤモヤしていた気分をすっ飛ばしてくれるのが実に痛快。

 そう「路傍のピクニック」も本来はファーストコンタクトSFなんですよね。それが実にいい。
posted by てんちょ at 01:01| 大阪 ☔| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: