2020年09月10日

「デカダンス」#10

 ここから一気呵成の展開、ではなく間つなぎの章でしたが。コントロールを離れたガドルが思わぬ方向に動き出す、という展開は、なかなかいいポイントかと思います。



 しかし、真実を知ったナツメは壊れるのではなくて、怒りの表情を見せる。この怒りの表現がなかなかいい。内に秘めたエネルギーを押し殺している感じ。

 その一方でゲーム警察はついに、デカダンス内でのナツメたちの居場所を突き止めます。絶体絶命! とここでEDだろうなあ、と思っていたら違いました。もうひと押しあって、さてどうなるか。

 あと2話かぁ。微妙ですね。それでどこまでできるか。ちょっと心配ですが、まあなんかしらまだ伏線はありそうなので、ビックリの結末を期待したいところです。
posted by てんちょ at 12:02| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: