2020年09月03日

「デカダンス」#9

 いやーいい最終回だった(違)



 まだ、なんと9話なんですよ。普通なら敵の本拠地大爆発の次回で締めくくりのエピソードとなるはずなんですが、DVDBOXの上巻が6話収録ということは、まだ3話もあるということですよね。つまりなんかまだひとひねりがあるわけで……

 うえだゆうじさんがやってる超ヘタレキャラのサルコジ、やっぱり最後に見せ場がありましたね。まあ、こういう形しかないのか、という感じのお約束感満載ではありますが、結果として潜入中のナツメたちも救うことになり、ガドル工場は壊滅。

 ただ、真相を知ったナツメの衝撃顔は、ジルの危惧した通りの展開になっておりまして…… これはやはり、みんな忘れているであろう、1話冒頭のナツメの父さんの発掘エピソードに鍵がありそうという気がしてきましたよ。あと、ジルの正体も結構重要。ただの便利キャラじゃああるまい。

 つまり、本来のこの外側の世界はどうなっているのか、ということですよね。やっぱ、こういう気になる展開があってこそのオリジナルアニメですよね。ただこのままだと「デカダンス」はただの設定倒れじゃないか、という指摘は鋭い。なんか最後に大活劇あるのかなあ。
posted by てんちょ at 12:56| 大阪 ☔| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: