2020年08月29日

「富豪刑事」#7

 殺されたのは大助の母で、犯人に仕立てられたのは父。そしてその裏にはグループの野望が? 黒幕はおばあ様?



 それにしても、いかにもチャラそうな未知の技術をめぐって、コインロッカーのキーの争奪戦とか、本当、安っぽいテレビドラマじみている。まあフジテレビ系にお似合いっていえばそうですが。

 ここからもうひとひねりあるかどうかかなあ。それでも過去篇はそれなりに面白かったんですが…… なんだあの最後の怪しげな装置は。

 VRとかウソくさいことさせるぐらいだったら、催眠術でもかけた方がまだましでしょう。

 ただ、気になるのは、展開がえらく早いこと。こういう風にキャラの過去とか背景に迫っていくエピソードは、普通クライマックスにくるものでしょう。まだ折り返し点だよ? それとも、このままダラダラとこのエピソード続けるの?

 うーん。今んところ、おばあさまが黒幕とは思えないですよね。そもそも自分の息子に罪をなすりつけて次々殺すなんて。しっかし、ちっとも謎解きにならないって、ミステリとしてまずくない? なんか期待してただけに、盛り上がらなさが切ない。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: