2020年07月31日

「富豪刑事」#3

 ようやく再スタートとなりました。本当、期待の作品にひどいケチがついてしまったなあと思いましたけど、久しぶりに見ていて、やっぱり楽しい。相変わらず筒井さんではないなと思いましたけど。



 まさにちょっと懐かしい刑事ドラマの感覚。今回は、ちょっと未来のガジェットと、ちょいとアナクロな人情感覚がミスマッチで不思議な面白さ。まあ、神戸大助役の大貫さん、回を重ねて、素人の底の浅さが見えてきてしまったのがちょっと残念。もう少し照れ隠しの冷血みたいな複雑さが出来ればいいんですが、それはプロの声優に任せるべきだった。

 ブロックチェーンで配信を止められない動画投稿サイトというアイデアはなかなか面白いんですが、ヘイトスピーチの温床になるでしょうから、たぶん実現はしないだろうなあ。
https://www.gizmodo.jp/2020/07/fugou-keiji-bul-chaintube-blockchain-explained.html

 しかし今回、香港から話が始まるのかとおもいきや、なんの説明もなく日本に帰っておばあ様の前で説教されるという意外展開。しかし山田五十鈴みたいな貫禄たっぷりのキャラクターで、大助も頭が上がらないというのは意外かも。そして声を務めている山口奈々さんって、魔法使いサリーのサリーちゃんのママの時代から声優を務めている超大ベテラン。道理でこの貫禄!

 やはり今回の肝は「横恋慕スターライツ」の特別ライブで、こういう悪ノリが良くも悪くも往年の刑事ドラマですよねえ。ただ、全体に温度をスッと下げているのが、やっぱり最後の計上費用一覧で、これが止めて分析してみると、なかなか面白い。ライブ費用4億もだしたんかいと(^^;


 
posted by てんちょ at 21:38| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: