2020年06月01日

「かぐや様は告らせたい?」#8

 なんかみなさんの意見とカブってしまいそうですが、本当、ここんところは傑作エピソードの連打で、もう毎週笑い転げてますよ。確かに2期の方が一期よりも面白くなる作品って、ちょっと記憶にないですね。



 藤原書記が伊井野で遊ぶエピソードも、白銀とかぐや様が体育倉庫に閉じ込められるエピソードも、本来の頭脳戦を感じさせて実に面白いのですが、やはりなんといっても最後の「白い巨塔」エピソードがベストでしょうね。なんか原作でも数話にしか出てこないのに強烈な存在感を示しているらしい超大物医師の迷推理に爆笑してしまいましたよ。

 最新の医療設備で「恋しちゃってる」ことを暴露されるかぐや様が面白すぎるし、顔を覆って主の恥に耐える早坂が笑いを増幅させてしまう。あと、出てくるだけで異様に暑苦しい劇画チック(しかも微妙にデッサンの狂っているやつ)な面がまえを見せる院長が実におかしい。すごく重々しい顔で言うことは「それは恋の病だね」ですからね。

 冷静な顔して横に控えている看護師も「最近はツンデレっていうそうですよ」とか、なにいうとんねんこいつらという感じでしたよ。

 まあ、一本目で伊井野に「ええお似合いですともっ」と詰られて大喜びするかぐや様も、「私がっ恋なんかに迷うはずがっ」と手をブンブンさせて否定するかぐや様も、IQが低い反応をする時がいちいち面白くなってきましたなあ。どうして今期は、一番面白い作品二本がまとまって放映されるんでしょう。もう少し分散させてくれんものかしら。
posted by てんちょ at 00:34| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: