2020年04月08日

「邪神ちゃんドロップキック´」#1

 というわけで、大さわぎの末に強引に2期をもぎ取った伝説の作品がいよいよスタート。テンポはむしろ良くなっていて、モラル的に正しいトムとジェリーという感じなのは相変わらず。ある意味非常に古典的なのだけど、主人公が特権的サディストになりやすいアメリカのカトゥーンの問題点をうまくクリアして、非常に現代的で見やすい作品にしているのが魅力かなと。でも主人公は悪魔という(笑)ツッコミ役のゆりねが狂気のサディストなんだけど、すごいモラリストでもあり、毎回悪魔をギッタギッタに叩きのめすというのがいいアイデアでした。今回の「串刺し」画像なんて、まさに残虐そのもののはずなのに、ギャグにしか見えず、しかもモラル的にはむしろ問題がない。おそるべし。



 そして、気が付いてみれば、なんと11話がすべて完成していて、アマゾンプライムではすでにみられるという。なんという嫌がらせ(笑)

 それにしても、カルト的なものとはいえ、ここまで1期が盛り上がったのは声優陣の頑張りあればこそ。「神保町哀歌」全10分の超大作CD制作、私もクラウドファンディングにひとくち噛んでしまいましたもん。いや、あれはすごかった。で、実際出来上がったものを聞いてみると、その達者さにさらに唸ってしまうという。

 それにしてもこのコロナ騒ぎで、多くのアニメが制作中断・延期を余儀なくされている中にあって、すでに作り終えているってどんだけ機動力高いんだか。しかも、実際に見てみるとテンポが大変にいいしB級感はむしろ減ってる。ちゃんとお金かかってますよ。まあ、実際クラウドファンディングで、アホみたいに膨大な資金を集めてしまいましたからねえ。

 ただ、普通はクラウドファンディングでお金集めても頓珍漢な作品になりがちなのに、ちゃんとユーザーの望むものを作り得ているのがすばらしい。別にマーケットは巨大でなくてもいい。深く愛されていて、ちゃんと望むものになり得ているのであれば。

 ずっとこういう感じで続けていってほしいなあ。というわけで、視聴決定。実は2クールだった、というオチだったりして。
posted by てんちょ at 00:34| 大阪 | Comment(2) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またアマゾンプライムに入会する理由ができたので3ヶ月は色んな作品とあわせて楽しもうかと思ってたら、1期ではなく2期がもう全話配信ってどういうことですか(笑)

ギャグでガチガチなストーリーもので無いためか、ごく最近の原作キャラもアニメで登場していて、世界観というか根本の設定がしっかり固まってるからこその速度と転がし方な気がします。

ゆりねと姉妹の中の人(プリパラのノンシュガー・プリチャンの3期マスコット)繋がりでイベントやってたり、ふるさと納税の企画をやってたりと、巻き込み方も上手いし楽しいものが多いので、まだまだ行けそうですね。
Posted by たか at 2020年04月09日 22:10
いや本当ですよねえ。どうしてくれる。全部見たくてうずうずしてるけど、楽しみたいから意地でも他場波組。
イベント快進撃もすごかったけど、コロナ騒ぎが長引いてどうするか。いやきっとこの人たちは「ネットで有料配信!」とか転んでもただでは起きない仕組みを考えるはず。こちらとしてもその方がありがたいし。今期も目が離せません。
Posted by てんちょ at 2020年04月12日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: