2019年12月19日

「炎炎ノ消防隊」#21

 なんかわれわれが思っていたよりも、はるかに未来の話なんですね、これ。結構壮大なことになってきた。



 そして、なんとまあ贅沢に動画を使い切ったゴージャスな演出。よいですねえ、こういうのは今季これしかない気がする。他の作品はどれも作画的には大コケ続きなのでなんか悲しい。やっぱ、アクションで見せてこそのアニメですよね。

 Dr.ヴァルカンの正統派悪役っぷりはなかなかすばらしい。こういう風に、不敵だけど不快ではない、シリアスにいい味出してる悪役はなかなかないです。たいてい、狂ってるか腐ってるかで結構底が浅い悪役キャラが多いんですよねえ。そのくせつぶしてもつぶしても起き上がってきて非常にイラっとするという。ヴァルカンはなんか勝てそうもないんだけど、どこかに攻略法がありそうなフェアな悪役に感じられるのがいい。ゴキブリと戦うのはノーサンキューですからね。

 このへんがジャンプ系とマガジン系の差かしら。

 そしてラスボスはもともと兄弟のショウというあたりも黄金パターンだなあ。クールなラスボスと熱すぎる主人公という対比もいい。しかしこれ、あと2話で終わるんやろか。
posted by てんちょ at 02:14| 大阪 | Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: