2019年12月13日

「ノー・ガンズ・ライフ」#9

 なんだかんだいって、今期一番完成度が高いのはこれかもなあ。ここまで付き合うと、いろいろ見えてきます。



 盛大にコケまくってる作品ばかりの中にあって、怪しげながらも骨のある連中が跋扈する得体のしれない世界を、実に魅力たっぷりに描いてくれます。そして、主人公はそれにも負けず強烈かつ存在感たっぷりで、なるほど、この曲者たちを相手にするには、これぐらいインパクトのあるビジュアルを背負ってないとダメだわと納得させられます。

 しかし、これしきのことが出来なくなってるんですよねえ。最近の作品は。ちょっと心配。こういう完成度の作品がウジャウジャしていた時期もありましたが…… ここからアニメが立て直すためには、DVDではなくて、配信で稼ぐ道を考えるしかないんでしょうけど。思えばこの作品、凛々しくまっすぐな少年が主人公の弟子みたいな立ち位置で出てくるのも面白い。こういう屈折してないキャラクターって最近描かれなくなって久しいなあ。最近の少年がみんな屈折してしまったせいでしょうけど。

 そして気づけばもうシーズン末。どうしよう、来期見るもんあるかな(−−;
posted by てんちょ at 02:15| 大阪 | Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: