2019年12月09日

「この音とまれ!」#23

 おっと忘れてた。これも部活ものといえば部活もの。こっちは本当にガチですよねえ。いや燃える展開になってきた。しかしこれ、ちゃんと終わるんだろうか。



 ひととおり主人公たちの部活の奮闘を描いた後、それぞれのライバル校の奮闘を描いていき、それを非情に打倒していくというのは部活もののセオリーでありますが……

 で、今回は絶対王者の姫坂が本気になる!というエピソード。それはそれで見せるものではあるんだけど…… あーこれは負けるな―という王道感がにじみ出ているというか。ものすごい斬られ役っぽいエピソードでちょっと悲しい。

 「咲」でいえば、完全に風越の立ち位置。結局やられるんだろうな感がにじみ出てます。強いんだけど、ものすごい反則技的な超絶スキルを繰り出してくる連中が続々登場するという中では、正統派は蹴りだされますよねえ。

 そして、「数学」という反則技で次回、玲音高校が登場。あーこれは敦賀だわ。さて、敦賀ほど、「主人公たちを負かしてほしい」と思うほどの強烈な存在感を見せられるかどうか。そのあたり注目ですね。しかし、あと3話でなんとかなるんやろか。
posted by てんちょ at 02:35| 大阪 | Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: