2019年10月17日

無限の住人-IMMORTAL-

 しばしサボっててすみません。山形に旅しておりました。

 アニメ版「無限の住人」といえば、われらが真下社長が手掛けた晩期の一本。でも、どうも原作者のお気に召さなかったらしく、このたび最初から作り直して最後までやるらしい。あの地味でつまらない加賀篇も全部やんの?



 なんか「今度は本物」感を盛んにあおるので、そこまで言うんなら見てやろうかと視聴。アマゾンプライム会員だしね。というわけでそれなりに期待してたんですけど、スプラッタ描写が逆に地味になってない? 絵が白っぽいし豆腐切ってるみたいだぞ。ゴリゴリの真下テイストで押し通した前版の方がよほど「らしい」と思うんだけどなあ。

 それと、最後までやらなきゃいかんからか、展開の早回し感がひどい。前回は「殺しの烙印」風な荒唐無稽バトルが楽しめた序幕部分だけのアニメ化だったので、変にリアリズム方向に転ぶ前の派手極まる展開を楽しめたわけですが、地味なのに殺伐とした加賀篇とか、地味なのに悪趣味な生体実験篇とか、連載時にも面白いとは思えませんでしたが。

 しかも、PV見てる限りでは、カメラワークとか真下版を結構踏襲してしまってる。じゃあなんのために作るんだか。早回しなぶん黒井鯖人が雑魚キャラみたいになってんぞ。これはあまり期待できないなあ。というわけで視聴はしない方向で。
posted by てんちょ at 01:52| 大阪 ☀| Comment(0) | 無限の住人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: