2019年07月18日

「コップクラフト」#2

 なんか予想以上に正統派のバディものっぽくてうれしいぞ。男女のコンビなのだけど、ツンデレとはあまり関係なく、普通に仲が悪い。それでも仕事はデキる連中なので、お互いに少しずつ認め合ってチームとして完成していく感じになりそう。昔はこういう刑事ものよくあったわけで、ラノベのチャラさを徹底的に排除してシックにまとめたセンスは大いにほめられるべき。



 実際、学校も学生もなく、ひたすら職人的な仕事師たちの世界を描いているのが大変よろしい。主人公が、ラノベ色ゼロのシブいオッサンですからねえ。これはたまらない。はたしてこの二人が恋仲になる日なんてあるのやら。

 「なにやってんだろうなオレたちは」

 とか言いながら、剣と銃を突き付けて意地を張り合う職人二人。ただそれぞれの価値観が果てしなくズレているという。ただそれをコメディとして茶化さないあたりが逆に立派。今期はもう、これがあればいいや。途中で失速しないことだけを願います。

 ただ、前回も今回も引きが唐突すぎるなあ。そのあたりはもう少し検討の余地あり。
posted by てんちょ at 01:48| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: