2019年06月19日

「ブラッククローバー」#88

ここから新篇突入。もうちょっと白夜の魔眼って有能かと思ってたんですが。いや、ウザくて不快な連中ではありますけど、それは悪役としての魅力とはまったく別なので。



 突入前夜のエピソードをミモザ視点でチェックしていくと、微妙に小ネタを挟む形で出番は多いのですよね。そういう立ち位置なんだなあと実感はさせるけど、もう少し目立つ出番がほしいところ。本当に出演声優が多くてそれで予算の7割を食いつぶしてるような気がする作品ではありますけど。実際、無駄にキャストは豪華なので、これじゃあ、作画にまわす予算なんてないだろうとは思う。

 それにしてもこの落書きみたいな作画は誰か喜ぶんだろうか。あ、ジャンプ編集部か。しかしこんな古めかしい体育会系バカの話、だれかうれしがるのかねえ。

 まあ、今回は眠そうな系オッサンがやられ役でダラダラした戦闘の末に本体はまた逃げそうな気がする。いつ終わるねんこの話。あっちゃんが出てなければこんな話興味もないので、西明日香出番だけをチェックしながらこれからも観ますけど。
posted by てんちょ at 02:18| 大阪 | Comment(0) | 西明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: