2018年11月25日

「ゾンビランド・サガ」#2〜8

 なんか気が付いたら大騒ぎになってる。というわけで、半信半疑で追いかけて見てみました。最近は、何かのオンライン会員になっていれば合法的に追っかけ視聴ができるのがとてもいいですね。まあ、適用するのはこれが初めてですけど。



 全部見た感想。うん、確かになかなかよくできてる。ブラックなアイドルもののパロディとして、非常に手堅くまとまっています。ちょっとした時間潰しにはぴったりでしょうね。ただ、これほど熱狂的な賛辞に包まれて大ヒットしそう、という展開には正直戸惑いますが。いや、そんなんやったら「ひもてはうす」観ようや。

 まあひとつには、私がアイドルものに微塵も関心がないからでしょうね。そういう意味では「グリッドマン」とは熱量が違う。あちらは逆に、特撮にまったく関心がない人にとってはグリッドマンは「なんかおもしろいね」程度でしょうし。まあ、フェティッシュな描写が案外面白くはあるけれど。自分が特撮にそれなりに思い入れているから「グリッドマン」が面白く観られているのとは、やっぱり違いますよね。

 ただ「ゾンビランド・サガ」は、宮野君は毎回面白いし、なんか全体に異様な雰囲気が漂っているのは確か。つまり何を目指してこういう作品をわざわざ作っているのか、いまだにさっぱりわからない。そもそもなんでゾンビなの? という大疑問に最終回までになんらかの答えが出るかどうか、かなあ。

 あと、今のところ狂言回し的な役回りにとどまっている宮野君なんですが、キャスト表ではあくまでも先頭、主役扱いなんですよね。ということは、ここから最終回に向けて、なんらかの仕掛けがあるはず、と信じたい。まあそういうわけで続きはこのまま見ようかな。いまんところ、「ベルゼブブ」と「メルクストーリア」あたりのポジションかなあ。自分の中では。
posted by てんちょ at 00:14| 大阪 ☀| Comment(2) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ゾンビものにしたのは別作品で面白そうな試みだったので採用したという話ですが、ご当地ものでこうも熱量が高いのはCygames社長の出身で、元々力注いでるようです。ジャパネットもですが、全国的な知名度の出身企業は、盛り上げていくにはどうしたらいいかというのを命題を常に考えているを肌で感じてます。
 話が脇になりましたが、個人的には境監督を初め、東映(特にプリキュア・セーラームーン)に縁のあるスタッフもいて、ゾンビでアイドルでコメディで佐賀という一見ごった煮にしつつも、生前の出来事やこれからの事をそれぞれのメンバーの葛藤や真面目なシーンも多いので、そのあたりは監督らしい作風が活きてるのかなぁと思ってます。
 その上で未だゾンビ的な意識しかない山田たえを三石琴乃さんが演じているのを含め、ゾンビコメディ以外では、どう扱うのか本気で不思議でしょうがないところではあります(^^;
Posted by たか at 2018年11月25日 12:41
サイゲームスは企画があがってきたとき「えー」という反応だったそうで。そりゃそうだ。
 ご当地ものは、マーケットを気にして標準語で語るのが常道となりつつありますが、あえて佐賀弁にこだわったのはえらいと思う。
 ゆーきちをガタリンピックのアナウンス役で使うとか、粋なのかもったいないのかさっぱりわからないですが。エンドクレジット見るまで気づきませんでしたわ。
 本当、こんなムチャな話、どうやって畳むのやら、三石さんに見せ場はあるのか、最後までつきあうしかなさそうですね。
Posted by てんちょ at 2018年11月25日 16:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: