2018年07月31日

今期の視聴ラインナップ

 結局いろいろあってこうなりました。

月 ヤマノススメ3(15分)
  ルパン三世PART5(継続)
火 ブラッククローバー(継続)西明日香
  プラネット・ウィズ
水 アンゴルモア 元寇合戦記(様子見)
木 天狼
  BANANA FISH(様子見)
金 暦物語
  ハッピー・シュガー・ライフ(様子見)
土 少女☆歌劇 レヴュー・スタァライト
日 プリチャン(継続)

 一応10本半と例年並み。バランスもまあまあ取れているほう。最初は、本当どうなるかと思いましたけど、案外後半スタート作品特にオリジナル系の出来がよく、かなり持ち直した印象。「プラネット・ウィズ」、「天狼」はかなり期待が持続してますね。これからも楽しみ。

 「アンゴルモア」は、最初は「おっ」と思わせるものがありましたけど、さすがにこれだけ延々合戦シーンの連続では、息切れしてくるのも無理ないかな。あまりにキツそうだと切るかもしれません。

 「BANANA FISH」は、ちょっと古めかしさと地味さが見えてきた感じ。あと、古い作品なので、ゲイをまとめて変態扱いした描写は結構今となっては引きますね。昔は特に問題なかったけど。だんだん「男子お断り」感が強まってるので、切るかも。

 「ハッピー・シュガー・ライフ」は、ここまで行くとギャグとして気軽に見てられるんですが、さすがにバカバカしくなりつつもあり、やや困惑。今時の若い子のセンスがわかんなくなってきたかも。
posted by てんちょ at 00:12| 大阪 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なかなか眠れなかったのでテレビをつけたらアニメがやっていたので見ました。

「ゴクドルズ」と「中間管理録トネガワ」でした。

おれはマゾヒストなのかもしれない、いや、アニメファンとはマゾヒストなのかもしれないな、と思いました。

販促だとか子供向けアニメをいいおっさんが見るなんてとかいわれてますが、プリキュアは人材とリソースとを惜しみなくつぎ込んだ芸術品なんだな、と思いました。

あまりのつまらなさに怒り狂ったのでなかなか眠ることができません。

とほほ。
Posted by ポール・ブリッツ at 2018年08月15日 02:54
教訓1:絵だけでいい商業アニメ作品が作れないのは当然だが、声優の声の芝居だけでアニメができると考えるのも大きな間違いであり、アニメは絵と声と音楽の総合芸術なので、バランスがとれていないとイタいだけである。

教訓2:パロディ作品だからと言ってなめた演出をすると緊張感というものがまったくなくなり、見ていて散漫な印象しか受けないものである。

教訓3:少なくともキー局が流しているそれなりに金もかけた、名の通った原作付きアニメよりも、同じく原作付きとはいえろくに予算もかけていないことがまるわかりのU局アニメのほうがまだ面白いってどういうことやねん。
Posted by ポール・ブリッツ at 2018年08月15日 03:03
「ソードアートオンライン」VRゲームはもういいんじゃないのか。

「アンゴルモア」この作画枚数で合戦物をやるのは無謀じゃないのか。

「シュタインズゲート」既視感が漂ううえにぎくしゃくしたアクションシーンはもういいんじゃないのか。

もういいよ深夜アニメ。作り過ぎだよ。
Posted by ポール・ブリッツ at 2018年08月16日 02:45
いや、観た作品のサンプル悪すぎでは(^^;

まあ「アンゴルモア」は同感ですけどねー1話は本当にすばらしかったんですが。あとの失速がひどい。
けっこう真面目に調べてるのにもったいない。でもどうせなら、ちゃんとモンゴル語でしゃべるべきでしょう。そのあたりも予算なかったかな。

今期なら「邪神ちゃん」がポールさん好みでは。あと「プラネット・ウィズ」が結構燃えます。
Posted by てんちょ at 2018年08月17日 01:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: