2018年01月13日

「gdメン」#1

 評判が悪いどころか、あまりにも話題になっておらず、逆に心配になって視聴。



 まあ、このアニメの商業配信とは思えないアクセス数から推して知るべし、という感じですが。この人たち、ダテコーさんを放逐した後、出す企画出す企画壮絶に失敗し続けて、最近は十数秒というアマチュアなみの尺数まで縮んでいましたが、久々にまともな放映枠を取っての再起がこれ。結局過去の遺産か恥ずかしくないのか、と批判する声も出てましたけど、本当同意。

 それでもそれなりに面白ければ見てもいいかなと思っていたんですが、初回を観た感想としては「すべりまくった再放送」という悲惨なものでした。ちょっと気の毒なレベル。「なりあガールズ」も確かにひどかったけど、ところどころは面白かったわけで、ここまで全編すべりまくってどんよりした空気に耐えがたい思いをしたのは久しぶりですよ。そう、前回は劇場版「gdgd」がこんな感じだった。

 別に新しいことはやってない。まったくの過去の焼き直しで、「gdgd」の男版を作りましたというだけ。それで腐女子に受けようと精一杯テンプレートコントをやってるんですが、これが絶望的につまらない。それでつまんないぞと批判されてるならまだましで、ほぼ黙殺されている形。

 やっぱり、ダテコーさんとトラブる人たちというのは、それなりに理由があるんだなあと思いましたですよ。ダテコーさんの演出があまりにも新しいから、なかなか周囲に評価されにくいというのはあるんでしょうけどね。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: