2018年01月08日

「ポプテピピック」#1

 えー目下ネット上では罵倒の嵐だとか。そうだろうなあ。でも個人的には、ケラケラ笑いながら楽しんでしまいましたよ。なにしろ、本当に江原正士が出てくれるとはおもいませんでしたもん。



 われらが真下社長の代弁者的存在として、常に作品のどこかに出続けてきた江原さん。「イートマン」のころから大ファンでした。いまや洋画吹き替えの大御所ですけどね。しかしシリアス演技だけじゃなくて、ギャグにも切れ味が良かったのがこの人。だから、このアホみたいな作品にも、ただミスマッチな演技をするだけじゃ終わらんだろうと思ってました。

 いや予想以上ですわ。もうセリフにコブシ効かせまくって、ノリノリ。それでいて、これしかないと納得させる、ぴったりというほかない完成度。さすが江原さんや。「うぉたぁしぃポプ子ぉっ」とか、こんなん笑うしかないわという渋さ極まる大熱演。相方の大塚芳忠さんも見事。あの飄々とした劇場アニメ版「ぼのぼの」の名演技を思い出してしまいましたよ。「いっぱいちゅき〜」「大丈夫か?」とかあの声で言われたら反則や。

 ちなみに、元ネタ知ってる話も多いはずなんですが、ストーリー自体はまったくわからん、というかパロディとして理解するのは無理。ぜんぜんピンときませんし。まあみんな怒るのも無理はない。ニセの萌えアニメをひっちゃぶいて登場するのは予想の範囲内でしたけどね。

 だからたぶん、ギャグとしての完成度の低さは想定のうちで、声優の名演を楽しむという点で、これほどの素材はないのかもしれない。だから15分の素材をあえて2回まわしにして、二回目は「タッチ」のなつかし名コンビに当てるというこれまた予想外なことをしている。んで、これがまた見事にガラリと雰囲気が変わって面白いのですよ。

 んで、もともと発表されていたみかこし&すみぺコンビのバージョンは登場するのか。試写会はこのふたりの声だったから撮ってはいるんだろうけど、はたしてオンエアされるのかどうか。あえて放映しなかったらかえって面白いなあ。

 たぶんこの先も、いろいろな豪華な声優陣に当てられた空疎なネタが続いていくと予想。でもそれでいいんじゃなかろうか。ネットで「どんなコンビが見たいか」と意見出し合ってる人たちもいましたけど、私も、洲崎西コンビのポプテピが見たいかなあ。というわけで、視聴継続です。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(4) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや、これほど「意図的にどうでもいいところに力を入れた」芸術的なまでの映像を見て、「怒る人」はいないでしょう(笑) これは、もう、現代のCGアニメの粋を凝らして作った手塚「おんぼろフィルム」だと思います。ギャグについても、わからんのは「自分が年を取ったせい」だと自覚せざるを得ません。

それと、このアニメで「予想」することほど無意味なことはないです。予想しても絶対外れる(笑) そもそも、この第一話のフォーマットが毎回続く、と考えた時点で、スタッフの「思うつぼ」なのではないかとわたしは思いますね(笑)

ちなみに友人の話では、「それほどキチガイアニメとも思わなかった。「ヘボット」で鍛えられていたせいだろうか」だそうで。これは前衛アニメ評論をするにあたっては「ヘボット」も見ていなければダメだ、ということか? ちなみにわたしはいやだ(笑)

カンですが、来週の第二回は、放送禁止すれすれの強烈なネタで来るんではないかな。そして、AbemaTVのあのうんざりするほどの見逃し再放送もないのではないか、と(笑) いや、これもスタッフの想定内か(笑)

いずれにせよこれだけバカを堂々とやってくれると素晴らしい(笑)
Posted by ポール・ブリッツ at 2018年01月08日 09:37
まあね。外してきてくれればそれはそれで面白い。だからこそ予測したくなるわけですよ。どれぐらい予想外になったかは、まず予想をしないと始まらないので。

今度は10分尺で三回まわしにするけど、少しずつ話が変わってるとかかもしれない。

へボットは日本SF大賞にノミネートさせようとがんばってた人たちがいましたけど、残念でした。私も、このノミネート過程で「へーこんなアニメがあるんか」と知った次第。見てませんけどね。
Posted by てんちょ at 2018年01月08日 15:23
「どうあがいても、クソ」通りにどれもシュールでナンセンスなオチに着地しつつ、声優変えての2周目で印象が変わったり、パート担当の画作りなどでリピート流しに向いてますね。細かいパロは年代とジャンル差があるので共感し辛いところでしょうが、個人的に「ウゴウゴルーガみたい」という感想が懐かしい(笑)先行とは内容も一部違うという話もあるようで、気になるところです。

EDをアイマスのアニメPコンビやアロマゲ担当コンビで担当させてる妙な豪華さもある意味ギャグですね。
プリパラ関係はぶくぶコラボ繋がりでもありますし、本当に大塚芳忠&江原正士さんが参加したりと、まだまだ何かしら繋げてきそうな気もします(^^;
Posted by たか at 2018年01月08日 20:08
たしかにいわれてましたね。「ウゴウゴルーガ」。あと「天才てれびくん」とか。そういう意味では、子供が見た方が喜ぶのかも。こういう話。本当かどうか娘に見せたら「だいちゅきー」と言ってくれたとネットで言ってた人もいましたが(笑)
そういう意味では、わからなくてもいいのかも。
Posted by てんちょ at 2018年01月09日 00:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: