2017年11月12日

「ファイアボール ユーモラス」#2

 あれから一カ月。全人類以外待望の第3シリーズ、いよいよ第2話です。もっとも、前回がエピソード4、今回がエピソード7と、いろいろ飛びすぎ。「プリンセス・プリンシパル」かい、と。



 それにしても、このシリーズはどんどん予算が手厚くなるみたいで、映像も音もすさまじく豪華ですね。ひょっとして、12話ぶんでもらった予算を3話に注ぎ込んだんとちがうか(^^;

 今回なんてもうひとつひとつの映像が凝っていることといったら。スタッフの「今まで以上に面白い音がたくさん鳴ります」というツイッターコメントはほんま、伊達じゃないです。

 もちろんお嬢様とゲデヒトニスの掛け合いも、尺数が伸びてかえってスピードが増した印象で、ひとつひとつの畳み掛けるような会話が目が廻りそうな超高速で展開されていきます。

「いうなれば、タマゴが先かニラタマが先か」
「タマゴですね」

 今回の白眉はやはりゲデヒトニスのABCD作文。出題にドロッセルお嬢様が出した答えがすさまじすぎる。

「A アンキモ」
「B ばかりの」
「C コンビニ弁当」
「D ですか?」

 いやゲデヒトニスじゃありませんが「ですか?」と問われましても(^^; 

 しかしこれディズニーだから、海外配信もあるんですよね。アンキモとかちくわぶとか、海外で到底通用しないネタ乱れうちでどうするんだろう。英語版はどうなっているのか。

 それにしても、相変わらず細かいところで知的なネタを仕掛けているのもこの作品ならではですよね。そういうところが実にディズニーらしくなくて、好感が持てます。本当、ディズニーにしておくのがもったいない。とかいいつつ、ディズニーランドにドロッセルのパレードとかドロッセルアトラクションとか登場したら、生まれて初めて行ってしまうかもしれない。

 本当に来月、最終回なんだろうか。まだ続きがありそうな予感もあるのだけど。
posted by てんちょ at 00:20| 大阪 ☁| Comment(0) | ファイアボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: