2017年08月21日

「Re:CREATORS」#18

 なんだかんだいって楽しんでいると思うし、世評で辛口に叩かれているほどヒドい作品とも思わないのですが、ちょっと今回ばかりは「うーん」でしたね。



 なんだよ、結局出たとこ勝負かい、と。もうちょっと綿密な伏線を張ってるもんだと思っていたら、今回かなり雑な展開が露呈してしまいました。あとちょっとなのに大丈夫か。

 散々悪役っぷりを見せつけてきた真鍳が、延々と主人公と語りあった挙げ句(かなり尺の無駄だと思う)、妙に親切な手助けをしてくれてしまう。しかも、弥勒寺がハンガクを取られてたのは伏線でもなんでもなくただのうっかりで、しかも真鍳は特に何をするでもなく、ただ突っ返してきたという。じゃああの展開なんだったのか、と。

 もちろんそれなりに伏線は張られているのでしょうけど、結構出たとこの記述も多いこと、ちゃんと最後まで話を固めて脚本を作っていったわけではないことがわかりました。いやそれはあかんでしょ。2クールで終わることが最初から決められているテレビシリーズでそれは。昔のアニメみたいに好評だったからもう1クール足して、なんてオーダーはあるわけもありませんし。

 そして、アルタイルの手駒は一気に寝返り始めたのですが、相変わらず負けそうもない自信満々のアルタイル。まあ、最終回まで引っ張るんだろうし。いったんこのプロジェクトがこけることを予想していたんですが、どうもそれはなさそう。確かにここまで展開したものがチャラになったらクライマックスに向けて立て直すのは大変。とはいえ、このままダラダラと一進一退が続くのもなあ。

 さすがにラストはそれなりに練られていると信じたい……
posted by てんちょ at 00:18| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: