2017年08月18日

「NEW GAME!!」#6

 本当、シビアなお仕事アニメになってきましたね。もちろん原作でもあるシーンのようですが、ここまでじっくりと描きこむことで、プロの厳しさ、シビアさがひしひしと感じ取れる展開となりました。



 こういう職人的盛り上げをやらせたら、藤原監督というのはすごい。なんか「未確認」の全盛期のすごさが戻ってきた気がしますよ。1シーズン目ではまだパッとしなかった気がしますが、原作ではややパンチに欠けた場面も、それはもうくっきりと描き出してみせるし。

 双葉の晴れ舞台、と浮かれていたら「お前は無名だからキービジュアルはダメだ」と釘を刺される展開。じっさいにもあるあるなんだろうけど、文句のつけようもない形で、青葉と八神の実力差を見せつけるあたりはすごかったです。確かに原作もまったく同じストーリーなんだけど、色とか細かいしぐさとかがうまく改良されていて、ベテランの手慣れた技と、経験不足の新人の絵はうまいけど演出に欠けた画面の差がくっりとわれわれ素人にもわかる仕掛けとなっていました。

 そうそう。青葉ちゃん、画面に奥行を作るのはよかったんだけど、主人公を一番奥に配したらいかんわよね。これに対して八神さんのやつは、一枚絵で「着ぐるみを着替えながら冒険するんですよ」というのが一発でわかる仕掛けで、なるほどうまいとうならざるを得ない。

 実際、それなりに双葉のアイデアが良く、かなりの大作となるだけの出資が集まったこともあって、スタッフには誰もが知るベテランを据えるしかなくなった、という展開も実に納得がいくわけで。私が新人の時とは違う、と八神は抗議するわけだけど、あれは誰も注目していなかった低予算作品だった、とは。ゲーム業界のシビアさがひしひしと伝わる。でもみんないい加減じゃなくてどうやったらベストの形で作品を送り出せるか考えてて。それでも結果として双葉は犠牲となってしまうという。

 さて、この先どうなるか。まだまだシビアな展開が待っていそうですね。ちょっと目が離せません。
posted by てんちょ at 01:11| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: