2017年06月25日

「ツインエンジェルBreak」#12(終)

 うんまあ雑な終わり方でしたね。それでいて続編作る気満々のラストという(笑)。



 しかしこのBOX売れるんかね。パチンコの攻略法でもつけたら売れたりして。まあこれだけ低予算でどれだけのことができるのか、という点ではそれなりにまあがんばったほうかも。次の続編はまた10年後かな。

 とにかく誰が見ているか不明なまま突っ走ったという点は、パチンコ系アニメの王道かもしれませんが。それ修羅の道だし。

 ただ、あっちゃんに結構な厚遇をしてくれたことは感謝してます。毎回言ってますが。なんせこの最終回なんて出なくても全然問題ないのに、きちんと出番を用意してくれてましたからね。この変人クラスメイトSは全然本筋に絡んでこないのでガヤ扱いでも良かったと思うのですが、それなりに毎回楽しめる見せ場を設けてくれたのはよかったです。特にシカコさんとの掛け合いは絶妙で、2人主役のスピンオフとかあってもいいのに。とにかく「人妻感」あふれるクラス委員長という、しかも笑いどころは他のキャラが全部持っていくなかなか難しい立ち位置で、あっちゃん大健闘だったのではないでしょうか。

 次のシーズンもなんかないかなあ。ちょっと期待してます。おつかれさまでした!
posted by てんちょ at 00:40| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 西明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
後半本気出してますがギャグや宣伝と割り切った構成でしたね、続きは実機や小説等で描かれますがこちらのほうが演出やストーリーが悪くなさそうなのはパチスロものの宿命でしょうか^^;
萌えキャラ系パチスロの長期シリーズは、明るいイメージに対して、キャラ設定や世界観は割と細かく、根強く支えられているのも分かります。ただ、実機で打たない・ファンブック等読まない層は簡単に追えないのでそこまでの深層には手軽に触れにくいのですが^^;
Posted by たか at 2017年06月25日 07:40
そうするとディープな層には支えられてるんでしょうか。だからといって、パチンコに手を出したらいろいろ終わりという気もするので。普通のファン層は間違いなく追ってないですよね。一時期プレステでパチンコゲームとか発売されてましたけど、最近はぜんぜんないし。本当、萌えパチンコやってる人って誰なんだろうと謎ですよね。
Posted by てんちょ at 2017年07月01日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック