2017年06月17日

「ひなこのーと」#11

 初夏に「ゆくとしくるとし」と言われましてもねぇ…… 1クールで強引に1年を畳みこむ路線の無理がこういうところで出てきます。まあ、冬クールで水着回の時も困惑しますけどね。



 今回はあっさり2回目公演。とはいえ1回目よりはかなり力抜いてまして、それでも来る満員御礼の客が謎。しかも女性客ばっか。

 ルリ子先生は今回演劇指導の依頼はなかったようで…… チラシ配ってるところに行きあたってようやく気付いた次第。ルリ子先生は大人の中の大人だから、平然と「ふーんそうなんですの」と反応してましたけど「どうして私に何も連絡がないんですのっ」と腸煮えくり返ってたハズ。いや顧問に連絡ぐらいしろや、君ら。

 それでも前回と違ってルリ子先生も打ち上げに参加してたのは、彼女たちなりの気配りですかねえ。ひなこがいい年をしてサンタを信じてはしゃいでるのを見て「ああ、この子らはまだ子供なんだ」と悟った大人の眼でみまもっていたルリ子先生が逆にイタい。いや、あなた9歳でしょうが(^^; まあ、9歳にして誰よりも大人であるところがルリ子先生のルリ子先生たるゆえんなのですけどね。

 最後は堂々たる大人力を発揮して去っていったルリ子先生。本当に大人だ! それをゆーきちが演じているというところに不思議な思いを感じますよ。本人はどう見ても大人げない人で、そこが愛されるゆえんではあるのですが。しかし今回演じてるルリ子はまさに堂々たる大人。声優ってすごいなあ。みなさん、ゆーきちはこんなに難易度の高い役もできます。ぜひ次のヒロインは彼女に!!
posted by てんちょ at 00:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450937862

この記事へのトラックバック