2017年05月12日

「有頂天家族2」#5

 弁天と二代目の直接対決! ということでなかなかに盛り上がったエピソードでした。



 旧シリーズでは最強の名をほしいままにした弁天でしたが、まさかこんなにもあっさりと転がされるとは意外でしたよ。でも二代目は弁天と結構キャラが被るカリスマ系ですから、この二人が対決、となるとこれはなんか起きるな!と身構えずにはいられない。

 旧シリーズでも恒例だった五山送り火エピソードだけに、ちょっと繰り返し色が強まるかなと心配していたんですが、どうしてどうして。

 今回は意外にも赤玉先生が大活躍。矢一郎と玉蘭の煮え切らぬ縁を煽って進展させるし、二代目にはなかなかの風格を見せつつ応対するし、二代目にあっけなく敗れた弁天には、プライドを傷つけないように慰めつつ奮起を促す。第一シーズンであの情けないアル中天狗だった赤玉先生がここまでいい所を見せるということ自体がうれしい誤算でしたね。

 しかし、およそ負けそうもない人が負けてしまったら、どのように再起を目指せばいいのやら。逆にいうと弁天様、ここからが見せ場とも言えます。ちょっと注目。これだけここまで存在感を見せまくっていた弁天をあっさり打ち負かす存在感と強大さを見せつけるのは結構難しいと思うのだけど、間島淳司さん、やっぱりベテランの味ですね。「これはゾンビ」の相川歩とかやってた頃思い出しますが。あれも少なくとも一作目は、コミカルなフリして結構決めるところは決めるなかなかカッコいいキャラだった印象があります。二期目は知らん(^^;
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449801007

この記事へのトラックバック