2017年05月10日

「リトルウィッチ・アカデミア」#18

 ひさびさにトリガーらしい悪ノリに満ちた怪作を見ましたよ。ロボットアニメって本来好きじゃないんですけど、これは結構拍手喝采だったなあ。



 アホらしいことこの上ない展開を大真面目に積み上げる情熱、これぞトリガー。もともとほとんどしゃべらずひたすらメカマニア少女だったコンスタンツェは結構好きなキャラでした。なんかスチームパンクなノリがいいではありませんか。

 今回はスチームバンクも超えてどこかバカっぽい痛快ロボットアニメの世界まで行ってしまいましたが。だがそれがいい。ロボットアニメのあざとさをわざわざ強調してみせることで独特のおかしみを出してみせるあたりが魅力なんだろうなあ。

 しかし本人が迷惑がっているのに「絶対に手伝う!」というアッコのハタ迷惑な情熱がいい方向に転がるというのがまたこの作品ならでは。確かに体力と根性だけは誰にも負けてない。しかし今回星は見つかると思ったんだけど…クロア先生の陰謀もいよいよ動き始めました。目が離せません。これはいよいよ。
posted by てんちょ at 03:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック