2017年04月29日

「ひなこのーと」#4

 ついにゆーきちが本格登場ですよ!歓喜



 もうちょっと主人公たちとリンクしないところでチラチラ出てくるのかと思いきや、今回でいきなりバッチリ出ててビビりましたね。だって主人公たちと邂逅したら演劇部再開で劇団ひととせがスタートできない。

 でもどうやらルリ子先生は思うところがあるらしく、このままの体制でしばらく行くことを希望。ちょっと読めなくなってきました。なにしろ小学4年生で学校教師という荒唐無稽な設定ですから、もっとギャグキャラっぽい扱いかとばかり思っていたら、なんと今までのゆーきちからは見違えるほどの大人っぽくカリスマ抜群のキャラクター! なるほど、これなら小学生でも学校の先生できるわ演劇部顧問だわ、天才子役だわという感じ。天才は天才でも美空ひばり系の大人びたキャラなんですね。

 んで、このギャグ度が高くゆるい作品世界の中にあって、かなりシリアスなイメージを保っているんですから驚いてしまいます。ゆーきちすごいな、なかなか難しいキャラだと思うんだけど。まあ、演劇部を放置してわざわざ留学の旅に出てしまったのもより高い指導力を目指してのことだったし、とことんマジメで情熱的な理想家の先生みたいです。これをゆーきちのヘリウムボイスで演じる、ということになると、普通はどう考えても笑うところなんだけど、そうはなってないのが実に面白いしすごい。

 ゆーきちこれはまた一段と腕を上げたなあ。そしてゆーきちにしかできないキャラクター。これは注目せざるを得ない。ていうか、この作品全体にはかなり演出が雑で、見どころはルリ子先生ぐらいしかないのですけどね。もうちょっとがんばってほしい。
posted by てんちょ at 02:24| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449428963

この記事へのトラックバック