2017年04月18日

「アトム・ザ・ビギニング」#1

 手塚治虫公式二次創作シリーズのアニメ化第二弾。まさかNHKがやるとはねえ。



 若き日の天馬博士と御茶ノ水博士を青春ロボコンアニメとして描こうというアイデアはなかなか悪くないし、天馬博士を壊れたイケメンとして描く巧妙さには関心してしまった。確かにこれならみんな観るよなあ。特に女子。二人が妙に仲がいいというのも女子が喜びそうだわ。

 でも、第一話を見た感じ、これ手塚アニメじゃないですよね。どうみてもゆうきまさみ作品だわ。パトレイバーのノリに近い。一応手塚キャラが続々と出てくるようではありますが、天馬博士のキャラが今風すぎて、どうみても別人。いや、同人誌としてはこういう解釈もアリでしょうが。

 それに、彼らが作ってるロボットが、どうみてもアトムとは似ても似つかない。だんだんそれっぽい感じになってくるんですかねえ。ただ、アトムのあの、独特の人情味はあんまり出てないです。キャラじゃなくて、作品の世界観でね。

 ただ、別物だと割り切れば、それはそれで面白い。というわけで、これも視聴決定。さあ、いよいよ土曜日が身動きとれなくなってきたんやけど、どないしよう(^^;
posted by てんちょ at 23:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449134271

この記事へのトラックバック