2017年03月20日

ダテコー監督を擁護する

 石ダテコー太郎監督がとうとうツイッターをやめてしまいました。なんかここ数日の展開は辛くて見ていられなかったので、ほとんど観ていません。

 まあ、こういう負けず嫌いな反論は、実に彼らしいのだけど、上げ足を取って喜んでいる連中にいちいちかまってやらなくてもいいのに、と思ってました。なんというか、「けものフレンズ」が大ヒットして、「なりあがーるず」が失敗に終わった現状では、必要以上にあげつらわれてしまいますよね。

 ただ、「けものフレンズ」がここまでヒットした理由はさっぱりわからないし、そもそもたつき監督も困惑している状況。あまりよい出来とは言えないと自分でも思っていたものを持ち上げられてもあまりうれしくはならないですよね。けなそうと思えばいくらでも可能なのに、気持ちよくエールを送ったダテコー監督は立派だったと思う。自分で分析している通り、30分番組を無理してでも作った方が、注目度が違う、というあたりはその通りだと思うし。

 「なりあがーるず」は、自分が責任者として送り出して、商業的にも内容的にも大失敗した初めての作品となってしまったにもかかわらず、経営者であったために失敗を認めることができない立場に追い込まれてしまった。他人に社長の座を譲ったのはそういう理由なのでしょうね。

 ダテコー監督は独創性と最先端の技術力という点では誰にも負けてないし、声優のお笑いスキルを育てるという点ではまさにトップクラス。あっちゃんを第一人者にしてくれたことに関しては今でも深く感謝しています。ただ、もともとお笑いにうるさいタイプの声優とはうまくやっていけなかった、というのは誤算でしょう。右も左もわからないキャラを一から育てる方が向いていたということですね。

 今一番大事なのはヒットで成果を出すこと。こだわりはわかるんですが、そろそろ植木さんのラブコールにこたえて、洲崎西コンビで何か撮った方がいいんじゃないかと。間違いなく面白いものになると思うから。
posted by てんちょ at 23:09| 大阪 | Comment(3) | TrackBack(0) | ダテコー監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
監督がああいう立場になってしまったのは、「作品の優劣」とか「芸術家としての才能」とかではなく、

すべての分野にまたがり「自分たちは搾取されていると思っている層」に、「搾取されてこそ商業としてのアニメは成立するので、搾取は当然だ」といっているとしか思えない失言をしたこと、

によると思っているので、まあああいう展開になっても仕方ないわな、とは思います。

空想的社会主義者としては、「搾取する意味がないほど潤沢なパン」が社会にあれば監督の言葉はたしかに正しいし成立する、と考えざるを得ないので、まあ仕方ないわな、とは思います(汗)
Posted by ポール・ブリッツ at 2017年03月21日 00:38
うん、まあそうなんですが(^^;

たぶんなんだかんだ言って、ダテコー監督は優秀な人材に恵まれてるんですよ。そのことを感謝するのはいいことなんだけど、なにもツイッターで言わなくてもよかった、ということなんだろうなあ。
Posted by てんちょ at 2017年03月21日 23:08
というわけで「けものフレンズ」最終話を見た。

ポイントを押さえている子供向けアニメとして普通に面白いストーリーだった。

オープンエンドで「容易に続編が作れるアニメ」だったけど、続編が作れたとしても好んで見る気になるかは微妙。要するに「水戸黄門漫遊記」であり「わくわく動物ランド」だからなあ。

アドリブとハプニングを活かすことが好きなダテコー監督が撮ったとしても面白くなる題材だったかは、これまた微妙というところだろうなあ。

アドリブはあったとしても、基本的に脚本段階ですでに12話という枠内できっちり伏線を張ってきっちりそれらをすべて回収する、というスタンダードな子供向け作品であり、前衛的な部分はほぼゼロという作品なので、てんちょさんが無理して見る必要もないと思います。
Posted by ポール・ブリッツ at 2017年03月29日 02:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448181115

この記事へのトラックバック