2017年03月11日

「昭和元禄 落語心中〜助六再び篇」#10

 いろいろと見せてくれますねえ。今回はラジオの中継を聞いている人たちとか風景を交えて見せるという工夫。そう、落語は音だけで聞かせる場合もあるわけですよね。



 とうとう最後の寄席が燃えてしまって、窮地に陥る落語界。これが敗戦直後の上方落語で起きていた状況なわけですが。若手四天王がいた当時の上方落語界と違って、この世界のエースは与太だけ。これは大変だ。この世界ではテレビで落語も流してくれんのか。夕方と深夜ぐらいはやろうよ。本当(^^;

 そして八雲はというと、顔にひどいやけどを負って、さらに復帰は困難に。しかもこの人はほとんど録音・録画を許してこなかったわけで…… それを考えると、後世に残す、という意味で圓生・米朝が成し遂げたことの偉大さには頭が下がる思いです。本当、これだけの記録があれば、途絶えた噺も復活させられるわけで。それでもようやく小夏と和解して、弟子入りを認めた次第。長かったなあ。本当、彼女にとっては八雲こそがおっかさんのようなものだったわけで。

 今回一番大きく動いたのは、小夏関係のエピソードかもしれない。しかし小夏、2人目生まれるのか……与太とは仮面夫婦だと思っていたので、結構驚いたわ(^^; そして次回でみかこしの信之助も落語家に? このボンボンぶりは、志ん朝あたりの若旦那キャラになってくれるのではと期待。
posted by てんちょ at 23:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック