2017年02月18日

「小林さん家のメイドラゴン」#6

 なんかずーっと「長いなあ15分でいいなあ」と思いながらここまで見てきましたけど、初めて30分が妥当な尺に思えた展開でした。



 なんといってもカンナがかわいい。これは、京アニ版の手柄でしょう。原作はここまで際立ったキャラじゃない。あと、才川がここまで目立ってて面白いのもアニメ版の特徴。なんかもう表現のギリギリを攻めてくるあたりがすごいなと。いや、才川いいですわ。

 逆に巨乳で痴女のルコアと魔法使い見習の翔太のややエロいドタバタは、実にクール教信者らしい展開で、原作のうまみを上手に引き出した感じでしたね。こういう展開で露骨にならずに割と無責任にワハハと笑えてしまう展開に持ち込むのがクール教信者のうまさですよね。

 ただ、まあせっかくの主役であるはずのトールがあまり目立ってないのですよね。そこは、桑原勇気の踏ん張りに期待したいところなんだけど、いまいちはじけられていない気がする。マジメなんだろうなあ。
posted by てんちょ at 01:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447103719

この記事へのトラックバック