2017年02月17日

「プリパラ」#132〜134

 いよいよクライマックスですね。春からは設定リセットして新シリーズのようですが、どうやってとりあえず締めるか。まあ、キャラクター増えすぎたからなあ。ドレッシングパフェが最近完全に影が薄かったですし。



 というわけで、主だったキャラの頂上決戦と相成りましたが、ガルマゲドン、もうちょっと丁寧に扱ってほしかった。せっかく幼児には一番人気のキャラクターだというのに。キャラ的にもいじりやすくて盛り上げやすいはずなのに、なぜか一番割を食っている気がする。まあ、だからこそたまに見せ場があるとすごい盛り上がるんですけどね。

 ここまでの流れは誰が見ても予想できる流れで、ちょっと面白みに欠けますね。せっかくここまで積み上げてきたんだから、まったく予想を外すような超意外展開があってもいいのに。うっちゃりビッグバンズがトリコロールに勝ったら、さぞ面白かったと思うんだけどねえ。

 もちろん主人公の姉妹対決は姉の勝利。当たり前すぎてむしろがっかりですよ。これで次はトリコロールに勝って、最後はドレッシングパフェと最終決戦。普通すぎるよ! 森脇監督らしい、いい意味での狂気に欠ける。まああと5〜6話という状況では、できることも限られるでしょうけどね。ただ、どうやって新シリーズに繋げるか、という流れもあると思うので、最後にもう一度びっくりさせてくれるはずと期待してます。
posted by てんちょ at 01:01| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ここ最近の女児向けアニメの長寿シリーズは「1シーズンでの新シリーズ=設定と制作が大幅刷新」というのが鉄板で、前身であるプリティーリズムもライブ演出やスピンオフの菱田監督・制作会社等のメインスタッフ除いても大体一新されるのが習慣でした。
 プリパラ自体はゲームコンテンツであったりキャスト陣が参加のライブやミュージカル等のホール系イベントなども未だ盛況で各層のファンを広くカバーしてるためか、森脇監督チームでの続投、世界設定とキャラは戸惑わせないよう現状残す路線のようですね。ただ、後輩キャラがパンチの強い先輩キャラとどう並んだ個性を出せるかは難しい気もします(大体あじみやハシビロコウ辺りが尖ってて^^;)。

 トーナメント戦は頂点を決めるというよりもトーナメントを通してチームの成長を描く側面の方が強い気がします、順当に優勝が決まったとしても、あっさり目的が達成出来るものではないため、その山場を今後どう描くのかが3期のまとめと一番の見せ場かなと期待してます。
Posted by たか at 2017年02月17日 01:57
最近ではこと幼児向けアニメでは、「当たり前のことを当たり前のままきちんとやりきること」のほうが困難でかつ重要なのではないか、と考えています。

正統があってこそ異端や変化球が映えるというか。

戦隊やライダーはおろかEテレまでもが変化球ばかり投げている状況、というのは、幼児をアニメから遠ざける遠因になるんじゃないかなあ、などと……。
Posted by ポール・ブリッツ at 2017年02月17日 18:30
お返事遅くなりました

>たかさん
 確かにそろそろ模様替えの時期なのかもですね。よく2年の壁を越えてここまで来られたと思いますけど、本当、キャラがめちゃくちゃ多くなってしまいましたからね。それでもニューステージに、次々召喚されそうな気もする(笑)

>ポールさん
 まあ、これでも王道路線だと思いますよ。マイメロ様の狂気に比べれば。だからこそ2年9か月もできたんでしょう。それでも大人ファンは「なんかおもしろいことやってくれるんじゃないか」と思うわけですけどね。
Posted by てんちょ at 2017年03月05日 02:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447069691

この記事へのトラックバック