2016年09月25日

「この美術部には問題がある!」#12(完)

 えーと。うちのBDレコーダーは13話の予約をしていますが、何かの間違いかな(^^;



 なんかこれだけすっきりと最終回らしさが出た最終回はちょっと久しぶりかも。ふつう原作ものはなかなか着地点が見出せないですからねえ。いろいろあったけどやはり最後は宇佐美さんと内巻くんのラブストーリーで、結構二人のギリギリのさや当てが観ていてとても楽しい。

 というのは、ここまで来て宇佐美さんもとうとう「こいつ、わざと言ってる」ということに気付いてしまうからで。でもそれで終わらないのがこの作品の面白いところ。内巻君は実にわざとらしい二次元嫁賛美に織り交ぜて宇佐美さんへのアプローチを繰り出してくる。もちろん今までもそうなのだけど、なんだかかなりきわどいぐらいの状況になってくる。自分の好きなアニメキャラと被るので、姓ではなく名前で呼んでもいいか、というわざとらしいほどの憎らしい要求。

 今までの宇佐美さんならキレてとび蹴りぐらい食らわせているだろうけど、さすがにここまでされれば彼女にも分かる。だからこそ。このお返し。

 「ダメ。名前でなんて、簡単に呼ばせてあげないんだから」

 みんな書いてますが、この子ら中学生? いや無理があるでしょ。特にラストの駆け引きの応酬なんて、完全に大人の男女のやり取りだもの。そして素晴らしいのは、この高度な心理戦が、オフボイスなしに、映像だけで二人の本音が視聴者には分かるように作りこまれていること。こういうアニメならではの緻密な演出、あるようでなかった。

 本当に素晴らしかった。関西金曜日はこれと「ももくり」のせいで、妙にエロい(エロ描写は一切ないのに)日となってましたね。変な充実感。ともかくも、おつかれさまでした!!
posted by てんちょ at 00:03| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック