2016年09月17日

「魔法少女?なりあ☆がーるず」#12 生放送版

 さて、これで最終回なのか……



 収録どうする気だろうと思っていたら、なんとそのままの空気で押し切りおった(^^; 終わったあと非常に微妙な空気が流れたのどうしてくれよう。

 敵に囲まれているはずのシーンでのんびりまったりしたコントを繰り広げたのもがーるずらしいといえばらしいんですけど。問題はそれがほとんど笑えないということだなあ。これまでも何度も言ってきたことだけど、最終回まで見て、やっぱりこのていたらくの主因は芹亜嬢でしょう。本当、リーダーを自認するくせに、チームプレイがまったくできず最後まで「俺が俺が」でしたね。

 ファイブスターで番組持ってるだけに、ソロのしゃべりはそれなりに面白いんだろうけど、そこに飛び込んでくる他人をことごとく異物として排除しようとする。それはどう考えてもこういうチーム製作に合致する演じ方じゃない。そして、自分のやり方に気に食わないと文句を言うのは、ツッコミじゃないですからね。

 芹亜嬢には期待していただけに、この見苦しいガッツキぶりは大変に残念でした。シリーズを通してイヤな部分ばかり見てしまった印象があり、本当に残念。これと比較すると西明日香という人がすごかったのは、うまく自分をコントロールできない後輩を前に出して積極的に笑いを取らせたこと。この当時、きんモザの主役は取っていたとはいえ、まだまだ無名で、自分をもっとアピールしたかったはず。でも一歩後ろに引いて全体を整えることに徹したのは、なかなかできないことです。実際、てさ部時代のあっちゃんは、単体ではあまり印象に残っていないのですよね。ここまでこだわるようになったのは、洲崎西で真価を見てから。

 現在の「こぜにかせぎ」では存分にはじけてますが、それは可鈴ちゃんがうまくなったから。それでもなお、可鈴ちゃんを立ててる。こういう損して得取る人がいないと、番組は成立しません。毎回先輩声優たちと絡む構成だったら、また話は違ったでしょうけどね。

 ただ、放映版最終回に向けてかなりいろいろな要素を伏せてはいるようなので、まあ様子を見ましょうか。ただ、動画部分がこれではちょっと修復は難しいかもしれない。

 氷の女王は、なんとあけこ姉でなく、あすみんでした! これは読めんかったわ。大阪おかんか。それがいい方向に働くか……というと、ちょっとなんとも。まあ、放映版を待ちましょうかね。
posted by てんちょ at 01:17| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダテコー監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長文かつ知識の浅さも目立ちますが今回は特に思うことがあり、あえてこのコメント送ります

 実はなんとなくココロコネクトのドッキリ事件が浮かんだ頃があって、過激な舞台はともかくとしてTVのバラエティやお笑いは真似事では見ていて面白くない、ドッキリもプロや作家・スタッフがリアクションや面白い絵に出来るから面白いのであって、もちろん踏み外せば怪我するリスクだってある、故に分野がにわかであれば被害や混乱も大きくなる、それが3ヶ月となると視聴に努力が必要で、生はあけこゲスト以外は辛くて見れなっていました。
 お笑いが「好き」と「やりたい」は別なことだというのを痛感したことで、特に深川さんがあまりにチームでも場荒らし的なノリだったのも、事務所の個性尊重の方針などでは説明付かない、普段の芸風を持ち込みすぎてるのと実は殻を破っておらず、そのままで良いと思ったのが、変化が乏しい今の状況なのだと考えたりします。
少なくとも桑原さんの評判高いのも「やってた」経験値も含めてですし、そして古賀さんが心配になりますね、いい仕事の出会いがあるといいのですが。

 あと今回は実質アーススターの放送枠で(バウンスィとしての初アニメはともかく)いつもより短い本編に生のシーンを差し込むことや、成り上がりもテーマゆえキャリアや人生経験がともに若い中でお笑い重視で選ばれた期待こそしてましたが上記の「好き=強み」では無いことを考えると、従来のバランスで選出して欲しかったですね。
 スタッフの努力やこれまで関わった役者を魔獣役で参加したりと裏側含め課金の価値はありましたが、誕生日のお祝いとかやる暇あるのかなと良い話題すら不安に思うところで最終回まで印象を払拭できませんでした。

 なりあがーるずは一応終わりますが10月は前々から話題にあった「明坂三上のよたんぼぱやぱや」という酒飲み番組が始まるようで、また3番組課金になりそうです(^^;
Posted by たか at 2016年09月17日 21:38
 ありがとうございます。
 まったく、すべておっしゃる通りで、くわしくは放映版終了後に総括しようと思っていますが、最近のダテコー監督作品では初めて「これは円盤いらない」と早々に判断する出来でした。
 今回初めてダテコー作品に触れる人にはそれなりに面白かったようですが、長年のファンがみんな離れてしまったのは重大な問題でありましょう。
 芹亜嬢の葵嬢に対する対応は、アドリブでも演出でもなく、まったくただのパワハラに見えました。機転が利かず「えー」とどもっている葵嬢をさらし上げて笑いを取ろうなどとは卑劣にもほどがある。ジャイアン、ジャイアンてアンタがジャイアンだよ深川芹亜。
 せめて今後のダテコーさんの活動にこの苦い教訓を生かしてほしいものです。あと、葵嬢には、なんらかの形で名誉挽回となるチャンスをあげてほしい。罪滅ぼしの意味でも。
Posted by てんちょ at 2016年09月18日 17:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック