2016年08月02日

「シン・ゴジラ」

 あまりに評判がいいので観てきたんですけど…… ダマされた(−−;



 ネタばれが、ネタばれがって言われてますけど、これはっきり言ってストーリーといえるようなものはありません。冒頭いきなりゴジラが東京に襲ってきて(理由は最後まで説明されず)、政府と官僚と自衛隊が右往左往しながらなんとか食い止めるさまが、延々と退屈な会議と印象的な特撮を交互に挟む形で描かれていきます。

 登場人物に市民はおらず、鼻持ちならない官僚、俗悪な政治家、粗野な自衛官、バカなアメリカ特使。この四種類しか登場しません。しかも「踊る大捜査線」かなんかかと思うような感情のこもらない早口のセリフが全員に強制されており、ストーリーも展開もさっぱりわからない。全員不愉快な人物しかおらず、観ていて非常にストレスがたまる。しかも主人公と言えるような人物は皆無。こんなマイルドヤンキーみたいな連中に国家が、市民がと御託を言われても腹が立つだけ。市民は避難所や逃げ惑う場面でチラチラ見えるだけです。

 ベテラン俳優までことごとくこれですから、おそらく壁に張ったセリフを読み上げさせているんでしょうね。それのどこが面白いとおもったんだか知りませんが。怪獣映画は、やっぱり一市民の視点から描いていかないと、怪獣の巨大さと畏怖の感情が表現できません。この点金子ガメラと金子ゴジラはうまかった。

 はっきり言ってストーリーは支離滅裂。まったく評価に値しません。大自然への畏怖という点でも、前回のハリウッド版ゴジラの方がはるかに優れてました。文明批評とアイロニカルな視点というところでも一本芯が通っていましたし。

 ただ、特撮場面の各ショットは確かに印象的な絵づくりはなされているんですよ。庵野という人は、そういうビジョンはいっぱい持ってるんでしょうね。ただ、あまりにも人間嫌いが過ぎて、ドラマというべきものがまったく作れない。それはエヴァも同じですが。せっかくのいい絵が台無しです。

 どうかもっとドラマのうまい監督に、一市民の視点から描いたドラマパートを撮り直させたアナザーバージョンを作らせてほしい。

 しかし、本日映画の日だからどんだけ混んでるだろうと気負って行ったら、もうそれは見事にガッラガラでした。田舎の映画館じゃないですよ。大阪・梅田の一番館。475人入れるスクリーンに、たぶん80人ぐらいしかいませんでした。この映画がヒットしているってどこでのことなんだろう。
posted by てんちょ at 00:15| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしはやたらと面白かったです。これまでの日本映画がこだわってきて、わたしが「もういいかげんにしてくれ」と思ってきた「一市民としてのドラマ」や「人情の機微」を徹底的に排した、「戦争映画」として実によくできているな、というのが正直な感想ですね。

ある意味、これは、「人間」というものを完全に排除したうえで「ライブによるドキュメンタリー戦争映画」を作れるか、という前代未聞の実験作なのだと思います。実際の戦争を題材にするといろいろと問題がありますが、相手が「ゴジラ」であれば話は別で、徹底した「ドキュメンタリー戦争映画」を疑似的に構築することが可能なわけです。

「戦争が終わったところ」から「戦争を総括する」という構成では、どうしても「その戦争は正しかったか間違っていたか」や、「そのとき個人としての『彼』はどう思ったのか」といったバイアスなりフィルターなりがかかってきます。

それに対してこの映画では「ゴジラ」という「戦争」に、観客がいきなり投企されて、人間の情報処理能力を超えた量の情報の波にいきなりのまれ、「ゴジラ」という「現象」を体感することになります。

おそらく、監督の頭にあったのは、「総括」される前の東日本大震災における関東以北での最初の三日間の、「なにがなんだかわからないうちに被害だけが猛スピードで拡大していく」という呆然とする感覚であり、その「呆然とする感覚」で「戦争」を描いたのが、この「シン・ゴジラ」という映画なのではないかと思います。「東日本大震災」という「現象」に「ストーリー」や「ドラマ」はあるか、あったとしても渦中の人間がその「ストーリー」や「ドラマ」を理解しているか、という認識がこの映画を生んだのだろうと。

だから、この「シン・ゴジラ」という映画に「続編」や「解説」は必要ないし、あってはならないものだと思います。必要なのは観客による「無限に引き出せる無数の解釈」のみです。そういう意味で、この映画は「あれは何だったのか?」というデリダかバルト好みのカルトな映画なのかもしれません。

てんちょさんが憤る理由もわかりますが、そちらの路線で説得力ある作品を作るとなると、これはもう、

原作:いしいひさいち
脚本:押井守
監督:ワタナベシンイチ

でアニメ化するか、

原作:小林源文
監督・脚本・主演:蛙男商会

でフラッシュアニメ化するしかないのではないかなあ。
Posted by ポール・ブリッツ at 2016年08月14日 18:31
怒りを「理解できる」と言ってもらっただけで満足ですよ。個人的には粗暴なゴロツキ政治家や官僚をほめたたえる反動映画にしか見えなかったなあ。
「これが終わったら解散総選挙だ」
って、殴ってやろうかと思った(^^;

いしいひさいち原作にしたら「探し屋ケンちゃん」になってしまうではないですか。いや、観たいけど。
Posted by てんちょ at 2016年08月15日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440649260

この記事へのトラックバック