2016年07月23日

「あまんちゅ!」#1〜2

 うーんどうだろ。今の所評価は微妙。



 これまた静岡舞台ものということで、タイトルだけは知ってました。美麗な表紙だけはチラチラ見ていたので、ダイビングの世界を描いたものなら、水中シーンとか結構きれいなんじゃないかと思いました。

 んで、とりあえず2話まで観たのですが……かなり微妙。あちこちで指摘されている通り、ギャグ絵の使い方がかなり気持ち悪い。もちろん原作でもそういう風になっているのでしょうけど、止め絵とムービーはまた見え方が違いますからね。ましてや八頭身のまま顔だけギャグ顔とか、悪趣味以外の何物でもない。

 なんか八頭身美人以外お断り的なロングスカートの制服もそうですよね。コマ絵としては結構映えるのかもですが、動かすとかなり異様。この学校には八頭身モデルしかおらんのか? そしてこのいかにも動きにくそうな制服で全力疾走って、ウソくさいにもほどがある。スカートがまとわりついて30秒でコケて終了でしょう。もちろんそこをウソをつかせるのがアニメの腕の見せ所ということはわかっていますが、まったくウソとして成立してません。誰が見ても「あり得ない」感で頭がいっぱいになってしまう。

 まったりした日常と美しい自然を描いた「たまゆら」系の作品かと思うんですが、だからこそ雰囲気をぶちこわす演出はあかんだろうと思うわけですよ。とりあえずあと一回は様子見しますが、たぶん切りそうな予感がする。
posted by てんちょ at 00:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック