2016年07月14日

「甘々と稲妻」#2

 なんか今期エアチェックを残すのはこれだけになりそうだなあ。不作です。



 本当に原作1話をアニメ1話かけてやるんだなあ。このペースだと3巻の途中ぐらいで終わってしまいますね。今期はまたまたラブライブが席巻して終わりのようで。こういう作品こそ売れてほしいのに。

 何に関心したって、おとさん犬塚先生が危なっかしい包丁づかいがすごくリアルに再現されてる。うまい包丁さばきではなく下手な包丁をここまでアニメで再現できるんだということに驚愕します。自分が料理が下手だったころのこと思い出すなあ。思い通りのところになかなか包丁が下せなくて、野菜の上でウロウロしてしまうんですよ。それで「夜中になってしまう」というのがなんかわかる。

 それでも、みんなでワイワイ言いながら料理を作るのはなんか楽しくて、そして何よりもつむぎちゃんの「うまあい!」という歓声を聞くとなんかじんわりきてしまう。やはり誰かに食べてもらってこその料理ですよね。自分一人で黙々作って黙々食っててもなんか味気ない。

 このエピソードは犬塚先生がひっそりとウルッと来るところがまたよいのですよね。作って食べることの喜びをこれほど感じさせてくれる作品もない。来週以降も楽しみです。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440016269

この記事へのトラックバック