2016年06月30日

「田中くんはいつもけだるげ」#12(完)

 最終回はなんと白石さんのラブストーリーでした! いやあ、最後の最後まで女の子がかわいい。テンプレではなくて、きちんと作りこまれたキャラクターの女の子たちが生き生きと動く「自然なかわいらしさ」というのは、あざといテンプレ演出では絶対出ないものですよね。



 基本的にこの作品は女性向けで田中くんと太田くんの介護ホモを楽しむべきものなのでしょうが、一途な白石さんの思いはなんか応援したくなってしまうし、たまたま(誰の意図にも基づかない本当にたまたま・笑)隣の席になってしまったことで、これは恋を進めるチャンス、と思いつつもなかなか前に出られない白石さんの気弱っぷりがまた、ドンマイと励ましたくなるようなものでありまして……

 そしてこの最終回では、なんとなく人付き合いを避けて無精しているように見える田中くんが、実はみんなの力に支えられてのんびりできている、というお話。そういう意味ではなんか最終回らしい話とは言えました。

 かくいう私も一度は視聴やめかけたぐらいですから、たぶん切ってしまった人多いだろうなあ。もったいない。第二話からあそこまで面白くなるとはまったく予想外で、結構豪華なキャスティングをうまく生かした演出のおかげとも言えますね。

 とはいえ男女ともにトップクラスの人気声優がずらりと並んだ中で存在感を発揮した小岩井ことり=白石さんには拍手を送りたいですね。後から調べて「ガッチャマンのうつつちゃんか」と気付きましたけど、一人だけやや知名度が低いのに堂々とした演技で悩み多き乙女の内面を描ききったのは見事。今後注目していこう。

 ちょっと円盤セールス的にはしんどそうだけど、今後どこかで根強く支持され続けて再評価されるんじゃないかと期待してます。ともかくもおつかれさまでした!
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ニコ生での振り返り放送があったので視聴したのですが、こういう緩い感じのは割とすきです、とはいえ話数重ねるほどに賑やかになり、太田くん始めクラスメイト達とのやりとりや、女の子の見た目や性格が可愛かったりや、田中くんの謎の行動力など、ゆるいコメディもので気楽に楽しい世界観で好きです、個人的には太田がゴリラで例えられるスペックの場面が妙に記憶に残ってます(笑)

 ガンガン系の掲載作品は男性向けも女性向けも両方あるような感じで、どっちの面も有るようなキャラクター達が多いですね、青年誌やONLINEがほぼそんな感じで「ああ、ガンガンか」で理解してしまうところあります。
 アニメ化されている「学園もの」は結構人気作品多い感じですね、学生世代向けに力を入れてたりその作風が特徴的な若い作家が多いのもありえそうです。
Posted by たか at 2016年06月30日 21:02
あーなるほど。オンラインだと好きな作品だけ読めばいいですもんね。しかしこの作品は間口が狭く奥が広いという、なんとも不思議な作品でした。間口で振り落された人多かったみたいで、本当にもったいない。よく考えれば、これだけ豪華なキャストなんだから、当然何かが起きると思ってしかるべきでしたよね。太田妹がたった一話しか出ず、実質ゲストみたいな扱いだったのは本当に残念でしたが。
Posted by てんちょ at 2016年07月04日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439539799

この記事へのトラックバック