2016年06月24日

「文豪ストレイドッグス」#12

 えーと「続く!」(^^;



 まさか分割二期だったかぁ…… 売れるんかな、これ(^^; 個人的にはスタイリッシュで大変好きでしたけど…… 米ギルドの侵攻が始まった! と思ったら途端におしまい。ビックリですよ。せっかく熱い感じに高まってきたのにもったいないなあ。

 文豪が意味もなく敵味方に分かれて闘うという、いかにも女子向きなテイストではありますけど、変な媚をせずスタイリッシュに徹したことで男にも楽しめるものになりましたよね。何人かは男性作家なのに女性キャラに転換してて、それがなんか妙にハマってるのが面白かった。泉鏡花とか谷崎ナオミとか。あ、というか谷崎は男女に分割という大胆さ。妙に一途な鏡花はなんかよかったなあ。

 もちろんモデルも女性である与謝野晶子、樋口一葉はそれぞれのイメージをうまくキャラ化している感じでこれまたいい感じでした。パッションの塊のようなドS女医ぶりを発揮していたのは素晴らしかったですね。

 もちろん男性キャラ陣もそれぞれキャラがすごく立っていて、モデル作家と比較するとさらにニヤニヤできるという。あ、じゃあ健治くんにはシスコン属性必須だったのに(^^;

 まあ、楽しみにしてますんで、十月からの新シリーズもがんばってほしい。なんで番組の最後で告知がなかったのか謎ですが。こういう女性向けだけど男にもやさしい作品はウェルカムですよ。今期は「少年メイド」にこれにと二本もあったなあ。来期も偏見持たずに第一話は観てみるべきか。しかし「初恋モンスター」とか「B−Project」とか見るのは勇気要るよね(^^;
posted by てんちょ at 01:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439335384

この記事へのトラックバック