2016年06月12日

「少年メイド」#9

 一週間の癒し枠。ここまでほんわかしていて、それがいい感じに思えるのはこの作品だけかも。普通の癒し系とされる作品って、個人的にはあまりピンとこないことが多いので。それだけ、これは緻密にストーリーが練られているということなのでしょうね。



 特に今回は友達の兄弟げんかの仲直りを助けるエピソードをはさみつつも、祖母・一砂との再会が語られる何気に重要なエピソード。今の所身元を隠して会っている一砂ですが、どうやら千尋を手元に引き取りたい模様。まあその円と別れるかも? エピソードがラストになるのかな。結局は元鞘なんでしょうが。

 しかし不思議なのは、これだけ仲の良かった家族が、千尋の母の決別を機にバラバラになってしまったこと。そんなにも千尋の父は魅力的で、なおかつ鷹取家には受け入れがたい人物だったのでしょうか…… いったいどんな人だったのか、ちょっと気になるところです。

 しかし一砂さん、パトレイバーの南雲さんですよね。渋いおばさん声やらせたら絶品の人で「イノセンス」のハラウェイ検視官とか大好きなんですが、もうおばあさん役やる年代になってしまいましたか〜時の流れを感じますね。

 あ、そういえば今回日野妹に円が着せてた魔法少女コス、あれどうみてもまどかそのものなんですが…いいのか。というか作った人がまどか、だという意味深(^^;
posted by てんちょ at 00:36| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まどかの事はわからないので調べてみましたけど、
意識してる可能性は十分に高いと思います。
まどか☆マギカは2011年1月から4月まで放送されたアニメで、
今回の前半の花の家出エピソードは2011年7月号に掲載された話なので、
まどか意識したネタの可能性は極めて高いと思いますよ。
Posted by 花月(かづき) at 2016年06月12日 19:43
>花月(かづき)さん

 はじめまして。そうか、まどかもそんな昔の作品なんですねえ今となっては。そうやって見てみると、感慨深い。

>今回の前半の花の家出エピソードは2011年7月号に掲載された話なので、
>まどか意識したネタの可能性は極めて高いと思いますよ。

 「少年メイド」もかなり長く連載されているんですね。勉強になりました。アニメ初見ですが、いいものを見せてもらったと思います。
Posted by てんちょ at 2016年06月14日 01:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック