2016年04月17日

「ビッグオーダー」#1

 震災の真っただ中にこれどうなのという問題もあるんですが、それ以前にあんまり面白くない、これ。



 そもそも原作者に言いたいのですが、あんたは同じような話しか作れないのかと(−−; 確かに「未来日記」はなかなか面白いところがあって予知能力者同士の闘い、という無理筋な展開を、巧妙な騙し合いと探り合いで見せるアイデアが絶妙でした。今回はそれがいろんな異能力者になっただけ。能力の幅が広がったぶんなんでもありになってしまって、ただ前回と同工異曲であることがなおさら強調されてしまうのがなんだか。

 そしてアニメ版もその問題点をカバーするどころかさらに増幅する結果に終わっており、演出には大いに疑問が感じられます。キャラの狂気を表現するためにアヘ顔を多用するのはドン引きなだけで何の効果もあげていません。ただただ気持ち悪い。主人公が「警察に言うか…いやいや」と自分の気持ちを延々セリフにして丁寧に語ってくれるところに至っては、ものすごくダメな現代のテレビ番組theMovieって感じ。絵の積み重ねで語るべきでしょう、アニメも映像なんだから。絵がなくても成立するテレビアニメってどうかと。

 「未来日記」が面白かったんで期待してたんですけどねーまさかそこから一歩も進化しておらず、それがまたまたアニメになってしまう安易さには驚くばかりです。誰が見て誰が喜ぶのか。まあ、ただでさえ週末は本数多いのでありがたいといえばありがたいのですけど。視聴断念。ある意味ホッとしてる自分がいる。
posted by てんちょ at 00:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック