2007年05月28日

スパイダーライダーズよみがえる太陽第7話

 ひさびさにロリなスパークル大活躍、シスコン王子も見られたし、いろいろな意味でおいしいエピソードだったなあ、と思ったら、なるほど、黒田氏自らの脚本でしたか。黒田さんノリノリじゃないですか(笑)

 まあその一方で今回の主役はグラスホップ。なんだかんだあって結局スパイダーライダーズの方に行ってしまうわけですが。まあ、シリアス一辺倒のインセクターの中ではかなり浮いた存在だったので、芸風を生かすことを考えたら、この移籍は妥当ではないかと(笑)ますますシリアスな苦悩を深めるインセクターとの落差が深刻になっていく危険性はありますが。

 「グラスホップが裏切ったり裏切らなかったり」という先週の王子の予告がまんま再現されるというのも、このアニメならではの魅力でしょう。じゅにスラさん、本当、そのとおりでしたな(^^;

 それにしても、スパークルもグラスホップのどこがそんなに気に入ったんだか。まあ、「おもしろいおっさん」ではあるが。無害だし。敵なのに(^^;というわけで、今回、何度も何度も何度も何度も何度もそれはそれは何度も繰り返される
天狗のおじちゃんバッタのおじちゃん」
というセリフ。はたして都合何回あったのやら。誰か数えてくれないか(笑)グラスホップが鞍馬天狗ならさしずめスパークルは杉作ですか。地下世界の夜明けはまだまだ遠そうですけどね(^^;

 おそらく次回予告からみて、アクーネはインセクター陣営に戻るのでしょうが。グラスホップはこのまま居候するんだろうなあ。ただ、インセクター陣営でただ一人まったく性格の異なるこのキャラクター、ある意味異分子としてオラクル神がしつらえた人工の勧善懲悪神話を破壊してくれそうな気配。この先、結構重要な役割を担うかもですね。
posted by てんちょ at 15:42| 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | スパイダーライダーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グラスホップ氏は、今後、世界の運命を左右する決断を迫られるときが来るに違いない、と思います。
最終回近くが楽しみであります。

でも、土曜日は「電脳コイル」のほうが楽しみになってきた今日この頃なのですが……(爆)。
Posted by at 2007年05月30日 14:03
↑名前を書き忘れていた……不覚(汗)。
Posted by ポール・ブリッツ at 2007年05月31日 16:25
ああ、ポールさんでしたか。めずらしく名無しさん登場かと思ったのに(^^:

っつーか、グラスホップがズッこけたらそれが偶然いい選択になる、とかそういう…ベタな展開はないよね、やっぱ(笑)
Posted by てんちょ at 2007年05月31日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43146264

この記事へのトラックバック

第7話「王子達の苦難」
Excerpt: 砂漠を横断(縦断?)中のハー君率いる4人。 遠回りするよりこっちの方が良い、と言い出した本人であるハー君が速攻でダレてます。 ハン「なぁシャドウ、俺たちを乗せてパパッと砂漠を突っ切ろうぜ」 シャ「断る..
Weblog: 矢鱈長文阿呆全開ブログ -Amethyst-
Tracked: 2007-06-02 01:04