2015年10月16日

「コメットルシファー」#1

 今回のオリジナル系ラインナップの中では割と期待してたんだけどなあ。なにこの安いラノベとロボットアニメを足して三で割ったような感じは。いや間違いじゃなくて本当に三で割った感じ。要するに薄い。



 タイトルはなかなかかっこいいし、思わせぶりなPVを散々流していたので期待値も上がるってもんです。でも初回が放映された時ずいぶん言われましたけど、本当、今更ラピュタかと。

 そこに安易にロボットアニメとラノベ風ラブコメを混ぜた印象。だからそれがどうしたという感じですね。もともとロボットアニメはまったく好みではないんですが、観て面白いのなら面白がりたい。しかしどうみても頭を抱えるようなのばっかりというのはどういうことか説明していただきたい(^^;

 アニメオリジナルというのは、アニメでなきゃできないことをやってこそナンボだという気がする。そのあたり、「コンクリートレボルティオ」とずいぶん差がついてしまったなあ。見たことないようなものを見せてこそのオリジナルでしょ。なんでラノベの後追いするんだろうこの人たちは。
posted by てんちょ at 02:08| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック