2015年10月12日

山形来てます

 今回も実は来てます。もう明日帰るんですが。2年に一度ペースとはいえ、来ないわけにはいかない山形。とはいえ、世代交代も進み、若い子たちが結構増えてきました。まあよく考えたら、最初のころは鶴見俊介とか来てたんですよ。時代も変わるわけだ。

 しかし、この映画祭は相変わらずぶれないし面白い。今回は初めてコンペ以外のところに照準を置いてみましたが、いやおもしろかった。人によって違うヤマガタがあるんだなあ。

 今回はコンペは半分ぐらいしか観てない。まあバラエティに欠けて若干不満だったかも。一番面白いのは「真珠のボタン」なんですが、これもう東京ではやってるらしい(笑)



 チリ史に宇宙を掛け合わせた壮大な作品。SF的センスもあり面白い。しかし今回は、狭い部屋で共同生活する女たちのドラマがやたら多かった気がするなあ。

 個人的なベストは「エマク・バキアをさがして」かな。これはなかなか本当に泣けた。魔法のように奇跡がつながっていく話。

emak.jpg

 なんと10月20日には東京でもやるんですって。おすすめです。

http://tokio.cervantes.es/FichasCultura/Ficha103656_67_25.htm

 泣ける。

 
posted by てんちょ at 23:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427723974

この記事へのトラックバック