2015年01月20日

「THE NEXT GENERATION -パトレイバー」第7章

 これにてシリーズは終了。でも最終話は劇場長編の序章かぁ。



 アニメ版とストーリーをくっつけてきて、なおかつ違和感を感じさせなかったのはある意味立派。実写版がアニメ版と地続きに感じられたというのは結構大したものかもしれない。

 相変わらず劇場はガラッガラで、この企画大丈夫かと思わざるを得ませんでしたが、個人的には非常に楽しめた一年でした。この一年でじっくりキャラが描きこまれたこともあって、かなりメンバーに愛着が持てるようになったのはうれしいことです。後藤田の策略家ぶりや、明のまっすぐさは、オリジナル版のキャラより立ってたんじぉないかとすら思えました。個人的にはカーシャの存在感が一番お気に入りでしたけどね。

 オリジナル版がOVAでスタートした時は「紅い眼鏡」にハマってたこともあって「特車二課の解散前夜をこそ描くべきだ」とか言いまくってたものでしたが、しかしまさか、あれから三十年を経て、本当に特車二課の解散前夜が描かれることになろうとは…

 何にしても五月公開らしい長編版は楽しみになりました。結構迫力ある面白いものになりそう。そして南雲さんも出るのか、声だけは。
posted by てんちょ at 00:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412629931

この記事へのトラックバック